世界のエリートが説く、幸せなキャリアの法則

世界各国のグローバルエリートが送るキャリアアドバイス(1)

さて、こちらシンガポールで「東洋経済オンライン」の人気コラムをちらりと見ていたら、やはり自分の専門分野について書いているコラムへの需要が高い。

それに比べてこのグローバルエリートときたら、「笑っていいとも!」終了への感想とか、中国経済への先行きとか、門外漢な分野に片足を突っ込んでは翌週はほかの分野にまた片足を移すなど、ヒットエンドラン戦法で1年間書きつづってきたわけである。

そこで今回のコラムでは、“キャリア”コーナーに分類されている本分に立ち返り、私のとっておきの秘蔵コラムを放出することにした。今回のコラムは単に私が与太話を書いているのではなく、過去のキャリアや留学時代に出会った世界各国のグローバルエリートな友人に、「人生を振り返り、5年前の自分にキャリアアドバイスするとしたら何を助言するか」という問いに応えてもらったものである。

一人ひとりに直接回答を書いてもらうのも苦労したが、日頃、「東洋経済オンライン」を楽しみにしてくださる親愛なる読者の皆様のため、シンガポールで原稿の締め切りに追われる私が、ひと肌脱がせていただこう。

次ページ自分がつくメンターを間違えない
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブックス・レビュー
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>ガバナンス問われる英国原発

日立製作所が着々と進めてきた英国の原発計画。来年にはすべての認可を得て、進むか退くかの最終判断を迫られる。経済合理性は疑問だが、会長案件という思惑も絡む。今の日立はどう判断するか。まもなくガバナンス改革の真価が問われる。