たった80時間で、TOEICが平均110点アップ

【第2回】明治大学の学生も「4倍速英語」を実感!

カラン・メソッドという英語をご存じだろうか。一言でいえば、半世紀ほど前にイギリスで開発された英語教授法で、短期間で英会話ができるようになる手法だ。
 前回の第1回では「一般の英会話スクールよりも4倍の英語を話す」といった手法を紹介したところ、大きな反響があった。今回の第2回のコラムでは、カラン・メソッドの手法をもう少し深く掘り下げていこう。

ロンドンの中心、オックスフォード・ストリートに、ヨーロッパ有数の大型英語学校、カラン・スクール・オブ・イングリッシュ(Callan School of English)がある。カラン・メソッドの創始者、ロビン・カラン氏が設立した学校だ。

ここでは多い日で2000人もの人たちが、レッスンを受けている。日本人の姿もあるが、学生ビザの対象校ではないため、日本の留学業者がこの学校を積極的に紹介することもなく、カラン・スクールもカラン・メソッドも、日本ではほとんど知られてこなかった。

カラン・メソッドとは、英会話ではない

状況が大きく変わったのは、ついここ数年だ。ロンドンのカラン・スクールでの体験談を、ブログで熱く語る人たちがまず出てきた。SNSが盛んになると、英語を学ぶ人たちの情報交換の範囲もどんどん広がっていった。そして2、3年くらい前からだろうか、オンライン英会話スクールが一斉に大躍進を始める。その中で、カラン・メソッドに着目するスクールも出てきた。現在、カランのレッスンを提供する英会話スクールは、私が調べただけでも15校。うち13校までがオンラインスクールだ。

「カラン・メソッド」で検索をかけると、そうしたスクールの案内がずらずらと出てくるが、それ以上にカラン・メソッドとはいったいどういうものなのか、詳しい情報を求める声の何と多いことだろう。

「それで結局、カランをやるとどのくらい早く、どのくらい上手に英語が話せるようになるの?」――みんなが知りたいのは、詰まるところ、そこだろう。だが実は、「カラン=英会話」ではない。

次ページカラン・メソッドの本質とは?
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 今さら聞けない競馬のキホン
  • ソロモンの指輪〜「本能と進化」から考える〜
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
史上最大の上場に賭ける<br>ソフトバンクの思惑

12月19日、ソフトバンクが上場する。過去最大規模の超大型上場だが、祭りの後は楽観できない。親子上場による利益相反、高い配当性向、キャッシュの流出など懸念材料は多数。同社の大胆な戦略の前提である安定した収益成長が崩れる日、事態は……。