1日30分、中学英語からやり直そう

【最終回】こうすれば上達する、Skypeレッスン

カラン・メソッドで学べば、 こんな感じで英語を話せるようになることだって、夢じゃない

これまで3回にわたり、カラン・メソッドという英語学習法と、その周辺事情について書いてきた。

第1回 話題の「フィリピン英語」でペラペラになる!

第2回 たった80時間で、TOEICが平均110点アップ

第3回 フィリピン人に英語を習う時代がやってきた

まったく英語に自信がなくても、慣れれば大丈夫

簡単におさらいをしてみよう。カラン・メソッドは、母語を介さず英語を理解し、母語を介さず英語で速やかに反応するための訓練(ドリル)である。具体的には、講師が早口の英語で2回ずつ発話する質問を聞き、瞬発的に英語で答える練習を行う。テキストは見ない。

質問のセンテンスは、中学英語なみのシンプルで短いものが多い(上級になるとかなり長い文も出てくるが)。まったく英語に自信がない人でも、スピードにさえ慣れれば楽々答えられる。

もし答えるのが遅れたり、言葉に詰まったりしたときは、講師の発話の後について答えの英文を言えばよい。小さなミスや発音はその都度直され、何度も繰り返して練習させられる。また、その日に練習した内容は、次回のレッスン以降、たびたびさかのぼって復習を行う。

次ページ聞くのと同じくらい話す。だから上達する
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 令和の新教養
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
デザインの力で開く新たな価値観<br>プロダクトデザイナー 柴田文江

オムロンの体温計「けんおんくん」やコンビのベビー用品。暮らしに関わるプロダクトのあり方と、身体性を反映した柔らかな造形を追求してきた柴田氏の作品だ。女性初のグッドデザイン賞審査委員長への歩み、そして今考えていることとは。