1日30分、中学英語からやり直そう 【最終回】こうすれば上達する、Skypeレッスン

✎ 1 ✎ 2 ✎ 3 ✎ 4
拡大
縮小
カラン・メソッドで学べば、 こんな感じで英語を話せるようになることだって、夢じゃない

これまで3回にわたり、カラン・メソッドという英語学習法と、その周辺事情について書いてきた。

第1回 話題の「フィリピン英語」でペラペラになる!

第2回 たった80時間で、TOEICが平均110点アップ

第3回 フィリピン人に英語を習う時代がやってきた

まったく英語に自信がなくても、慣れれば大丈夫

簡単におさらいをしてみよう。カラン・メソッドは、母語を介さず英語を理解し、母語を介さず英語で速やかに反応するための訓練(ドリル)である。具体的には、講師が早口の英語で2回ずつ発話する質問を聞き、瞬発的に英語で答える練習を行う。テキストは見ない。

質問のセンテンスは、中学英語なみのシンプルで短いものが多い(上級になるとかなり長い文も出てくるが)。まったく英語に自信がない人でも、スピードにさえ慣れれば楽々答えられる。

もし答えるのが遅れたり、言葉に詰まったりしたときは、講師の発話の後について答えの英文を言えばよい。小さなミスや発音はその都度直され、何度も繰り返して練習させられる。また、その日に練習した内容は、次回のレッスン以降、たびたびさかのぼって復習を行う。

次ページ聞くのと同じくらい話す。だから上達する
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【資生堂の研究者】ファンデーションの研究開発の現場に密着
【資生堂の研究者】ファンデーションの研究開発の現場に密着
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT