サイバーエージェント"最速"の母が登る山 妊婦になっても、出産しても、さらに上へ

印刷
A
A

「与えられた目標が高ければ高いほど、それだけ多く期待されている証しだとうれしい気持ちになります。それに、うわー、先が全然、見えないという環境のほうが、ワクワクするんです」

ほとんど登山家のような感覚か。

しかし“山”を登れば登るほど、“平地”との距離は遠のく。石田さんは局長になって初めて、現場との乖離を感じたと言う。

「局長になると、日頃、接するのはマネージャー、リーダークラスばかりになります。彼らは、報告がうまいんですね。いいことも悪いこともうまく報告してきます。それに、上げてくる情報がどうしても主要顧客の情報に限られる。でも、組織にとって現場の情報が拾えないのはリスクです。ですから私は、あえて、メンバークラスに熱心に話しかけ、彼らが困っていることの課題に答えるようにしました」

本人曰く、何度も試行錯誤しながら、現在に通じる「“聞く”マネジメント」を鍛えていったと言う。

そんな頃、石田さんはプライベートでも転機を迎えていた。マネージャー時代から交際していた同じ会社の2年上の先輩との結婚が、決まったのだ。

「同じ会社といっても、ほとんど、一緒に仕事したことのない相手だったのが、よかったのかもしれません(笑)。彼の趣味のゴルフを教えてもらったりするうちに、仲良くなりました」

妊婦になって、部下60人に昇進

2009年11月に結婚し、すぐに妊娠した。そんな折、仕事面でも大きなチャンスが巡ってきた。

局長の上の「統括」に上がってくれと、昇進の打診が来たのだ。統括ともなると、部下はおよそ60人になる。ほとんど、中小企業の社長クラスの規模感だ。

「主人とも相談し、『妊娠しておりますので、ご迷惑をおかけすることになります』と丁重にお断りしました。そうしたら、社長が『そんなの関係ないから、やってほしい』と言ってくださったのです」

その一言で、迷いは吹っ切れた。

次ページ2カ月で復帰したワケ
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
TSMCが触手、日本の圧倒的な「半導体技術」
TSMCが触手、日本の圧倒的な「半導体技術」
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT