サイバーエージェント"最速"の母が登る山 妊婦になっても、出産しても、さらに上へ

印刷
A
A

石田さんはきっと、「大変」な状況にこそ、自分が試されているようで、燃えるタチなのだろう。こういう前向きな人には、往々にして運まで味方する。その結果、Amebaスマホは、今では、ほぼ目標のユーザー数に達しつつあると言う。

そして、石田さんはまた現在、“新たな山”に挑む。現在のミッションは、スマートフォンで簡単にオークションができるAmeba会員向けサービス、「パシャオク」の経営全般だ。

2013年2月の会社設立と同時に社長に就任し、「ヒト・モノ・カネ」に関する一切を任される。

「ヤフオク、モバオクなど有名オークションサイトがすでにある市場に、後発で入っていくのは難易度が高い。『この仕事が失敗したら終わり』くらいの覚悟でやっています」

現在の経営の仕事に就くまでは、「将来的には、役員になりたい」なんて夢もあった。しかし、“一山”越えるごとに、そうした野望はかえってなくなったと言う。

「自分が経営に携わってみると、本社役員とのあまりのレベルの違いに、そんなおこがましいことは言えなくなるのです。今は、与えられた仕事を必死こいてやることしか考えていません」

それでも、この山を越えた後には、きっと違う“景色”が見えてくるのだろう。

石田さんは取材中、何度も、「大変だとかキツイとは思わない」だとか、「プレッシャーは楽しい」などといった、発言を繰り返した。

筆者は、この一言に、非常に感じ入るものがあった。というのも、以前、「モチベーション理論」に関する取材で、あるモチベーションを専門とする大学教授から、「結局、やる気は気の持ちよう。自分の“気”次第で、上がりも下がりもする」という言葉を聞いていたからだ。

どんなに高い山でも、どんなにキツイ仕事と育児の両立でも、自分が「よし、いける」と思ったら行ける。「楽しい」という“気”を盛り上げれば、楽しめる。結局、働きがいとかやりがいを感じることができるのも、自分次第なのかもしれない。

(撮影:今井康一)

関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
ウマ娘ヒットの裏で「スマホゲーム」が深める苦境
ウマ娘ヒットの裏で「スマホゲーム」が深める苦境
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT