サイバーエージェント"最速"の母が登る山 妊婦になっても、出産しても、さらに上へ

印刷
A
A

「そこまで私に期待してくれるなんてうれしいし、会社全体が、もっともっと大きな目標を追いかける中、自分が貢献しないと会社に失礼――なんて気がしました」

ただ、妊娠中の仕事は、そう楽なものではない。

石田さんも、超人ではないから、もちろん妊娠初期はつわりの苦しさにも襲われたし、大きなお腹を抱えての“大型商談”には苦労した。

「でもつわりは会社に来てしまえば何とかなったし、大きなお腹で営業するのは、結構トクでしたよ」と屈託がない。

「お客様に『そんな体でご苦労様です』なんて言ってもらえてましたしね(笑)」

2010年10月に長女を出産。2カ月の産休で“スピード復帰”したのにはワケがあった。

「当時、局長も兼務していたので、産休中は部下のマネージャーがフォローしてくれたり、ほかの局の局長が助けてくださいました。会社は後任を用意せず、『石田局は残しておくから、いつでも戻っておいで』と言ってくれたので、どうしても早く戻りたかったのです」

運よく、お子さんを預ける環境も整っていた。

住まいのある武蔵野市の保育園には、「子どもが生まれる前から、キャンセル待ちしていた」と言うが、通常、翌年の4月までは空かないところ、急遽、2月に空きがでた。

そのうえ、石田さんのお母さんが、「保育園に預けるまでは、見てあげるから心配しなくていい」と言ってくれたのだ。

家庭内では「日本の母」

石田さんは、すご腕の仕事人と昔ながらの「日本の母」の側面を併せ持つ人だ。

朝8時の保育園への「送り」と夜7時の「迎え」は、基本、ひとりで受け持つ。

「仕事をするのも、子どもを産んだのも、早く復帰したのも、自分がやりたいと言ってやっていること。私のワガママだと思っているので、会社の人にも主人にも母にも、それまでの生活スタイルを変えてほしくない。私のワガママに巻き込みたくないのです」

次ページさらなる転機
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
ウマ娘ヒットの裏で「スマホゲーム」が深める苦境
ウマ娘ヒットの裏で「スマホゲーム」が深める苦境
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT