成果を出す人は「再現する力」を鍛えている

学びを稼ぎにつなげる「実行能力」の育て方

勉強したことを仕事に活かすには?(写真:FangXiaNuo / iStock)
仕事に必要なことをせっせと勉強しているのに、なかなか成果につながらない……そう悩む方は多いのではないでしょうか。成果につなげるには単に知識を習得するのでなく、それを成果に結び付けるための「実行能力」が必要です。座学だけで終わらせず、仕事に活かす力を身につけるための考え方をご紹介します。

成果につなげる「実行能力」

人生100年時代では、一つの会社、一つの仕事で一生を終えることは当たり前でなくなり、二毛作、三毛作が当たり前になると言われています。新しい知識や技術を学ぶ必然性が高まり、多くの方が意欲的に勉強されていることを私も実感しています。しかしながら、「せっかく学んだのに仕事に活かせない」というご相談をいただくことが多いのも事実です。

この連載の記事一覧はこちら

私は人材開発のコンサルティングを専門としており、多くの企業で高い成果をあげるにはどのような能力が必要なのかを定義する仕事をしてきました。ハイパフォーマーと呼ばれる人たちが成果を出すために発揮している能力を分析し、ほかの社員が獲得するお手伝いをしてきたわけです。

一言で能力と言いましたが、実は3つのものから構成されています。「知識(ナレッジ)」「技術(スキル)」「思考・行動特性(マインド)」の3つで、これらをすべて活用して成果をあげる能力を「実行能力(ケイパビリティ)」という言い方をします。

2017 AND CREATE, All rights reserved
次ページ実行能力を身につけるためのポイント
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • トクを積む習慣
  • ネットで故人の声を聴け
  • 本当に強い大学
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
消える仕事、残る仕事<br>1億人の「職業地図」

コロナ、AI、脱炭素――。私たちの雇用を取り巻く環境が激変しています。今後、どんな職業を選ぶかは死活問題に。2030年に向け「消える仕事」「残る仕事」36業種、「会社員の価値」がわかる9職種を掲載。本特集が職業を改めて考える機会になれば幸いです。

東洋経済education×ICT