相手にOKと言わせるのがうまい人の「頭の中」

できる人は「4つのステージ」を攻略している

人は説得されてしぶしぶ決めたとは思いたくないもの(写真:Komaer / PIXTA)
取引先や社内でプレゼンをしていて、聞き手が集中できていないと気づき、焦った経験はありませんか? 一応話は聞いてもらえたものの、企画が通るわけでも買ってもらえるわけでもなく、お互い時間を無駄にしてしまった……とむなしい気持ちになることも日ごろあるものです。
話術の問題もあるかもしれませんが、いちばん重要なのは、聞き手に確実に変化を起こすシナリオをきちんと考えるということ。シナリオとは聞きなれないかもしれませんが、やることは至ってシンプルです。具体的にどうすればいいのか、ご紹介します。

聞き手を、A地点からB地点へつれていく

この連載の記事一覧はこちら

シナリオとは、「A地点からB地点へ聞き手を変化させる流れ」のことです。A地点というのは、プレゼンテーションを聞く前の状態。B地点というのは、聞いた後の状態を指しています。プレゼンを聞く前から聞き終わるまでに、聞き手の気持ちがどのように動いていくかを考え、その変化を起こすメッセージや情報を組み立てていきます。そうすれば、「どんなに頑張っても聞き手がついてこない!」という事態を回避することができます。

図は両者のA地点とB地点、そしてその間に起こる気持ちの変化を表しています。 

次ページたとえば聞き手が無関心だったら…
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • ドラの視点
  • 精神医療を問う
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT