「会議が下手」な人に欠けた致命的な4つの点

なぜ「長い」「決まらない」ばかりなのか

気持ちよく物事が決まる会議用資料の作り方とは?(写真 : xiangtao / PIXTA)
会議が長すぎる――。その元凶は、なんとなく作っている資料にあるかもしれません。『できる人が絶対やらない資料のつくり方』など資料作成関連書籍を7冊上梓している清水久三子氏が、気持ちよく物事が決まる、会議用資料の作り方のコツをご紹介します。

会議が長くなりがちなパターンと要因

この連載の記事一覧はこちら

私が日本企業から外資系コンサルティング会社に転職をした当時、いちばん驚いたことは会議で物事が決まるスピード感でした。

会議の数自体はそれほど差がないどころか、むしろ外資系企業のほうが多かったように思います。1日に15分~30分単位の会議が8~10くらい入ることもざらでしたし、じっくり検討をするための数時間におよぶワークショップなどもありました。

いずれにしろ、時間内で物事が決まらないということは滅多になかったように記憶しています。それに比べると日本企業での会議は、なかなか物事が決まらず延長になることも多いということをよく言われます。

それはなぜなのか。会議で何を決めるのかという目的やゴール設定があいまいなまま、関係者が集められているということがまずあります。さらに、目的設定が明確でもなかなか決まらないという場合。これは会議の材料である資料が、結論が導き出るようなものになっていないということが多いのです。

次ページ会議におけるIPOとは
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 育休世代 vs.専業主婦前提社会
  • 若者のための経済学
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
かんぽ まさかの10月営業再開<br>日本郵政グループの不適切判断

日本郵便本社が発した「10月からかんぽ営業を段階的に再開」との緊急指示に、現場は大混乱。乗り換え勧奨禁止などの再発防止策、7月末に実施を発表した全件調査、特定事案調査にも大きな問題を残したままだ。拙速な営業再開の裏には何が。