他人を動かせない人が繰り出す「ダメな質問」

相手のインセンティブを知ったほうがいい

どうしたら「人に動いてもらう」ようになるのでしょうか(写真 :saki / PIXTA)

心理学者のアルフレッド・アドラーは 「結局のところ、われわれには対人関係以外の問題はないように見える」と言っています。

皆さんの仕事においても、対人関係の問題を抱えてはいないでしょうか。上司が理不尽な指示を出してくる。部下が思うように動いてくれない。自分の考えが周囲にわかってもらえない。取引先とのコミュニケーションがうまくいかない。顧客やユーザーからの要望にうまく応えられない……。

アドラーが言うように、仕事の悩みもそのまま人間関係の悩みと言い換えてもいいぐらいですね。

私はマッキンゼーでの仕事のなかで「問い」の大切さを学びましたが、その後、エグゼクティブ・コーチングの仕事をするなかでも、“仕事の悩みも「問い」を立てることでコントロール可能なものに変えられる”と考えるようになりました。

つまり、「問い」は「人に動いてもらう」ためにも大きなツールになりうるのです。身近に使えるものを例に、紹介していきましょう。

「どうしてやってくれないの?」と言ってはいけない

たとえば、誰かに仕事を依頼したとしましょう。その人が、自分の思ったやり方で仕事をしてくれなかったとき、あなたは何と言うでしょうか?

A:「どうしてやってくれないの?」

B:「なぜ、そうしたの?」

人を動かす問いで大事なのは、「自分がジャッジしない」ということです。自分が頼んだことを相手がきちんとやってくれなかったときに「どうして、やってくれないの?」と問うのは、その根底で「あなたがやったのは悪いこと」と相手に対してジャッジしてしまっている、ということになります。

次ページ頼んだことをやってくれなかったのはどうしてか
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • インフレが日本を救う
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
子どもの命を守る<br>続発する虐待死、その真因を探る

子どもをめぐる悲惨な事件が後を絶たない。親からの虐待、保育園事故、不慮の事故……。子どもの命の危険とその解消策を検証した。長時間労働が深刻な児童相談所の実態、低賃金・高賃金の保育園など保育士の処遇に関する独自調査も。