新年から人生を変えるための「3つの問い」

まずは「目の前のこと」に問いをたてよう

目標に近づくために、人生の「振り返り」をしよう(写真:youkixxx / PIXTA)
この年末年始、この1年のことを振り返り、新しい1年の計を立てる方もいることでしょう。
人生の振り返りをする際には「問い」が重要だと言うのが元マッキンゼーのコンサルタントである大嶋祥誉氏。ここでは『すべての仕事は「問い」からはじまる』の著書もある大嶋氏に、人生を変えるための3つの問いについて聞きます。ぜひ、新しい年のスタートに、ご自身で3つの問いを立ててみてください。

まず最初に立てるべき「問い」

(1)「自分がどう変わっただろうか?」

自分で立てた目標に近づくためには、途中での「振り返り」が大事です。振り返りから気づいたことを生かしていくことで、さらにスピーディかつ効果的に行動することができるようになります。

また、途中であっても「何を達成したのか」「どのような学びがあったか」などを確認すると、自分が成長した達成感も感じられます。そして、それがモチベーションとなって、「もっと行動しよう」という気持ちも高まっていきます。

本来は1カ月ごとに見直すのがベストですが、普段は忙しくて時間がとれないという方でも、ぜひ時間をとって昨年を振り返ってみてください。

「自分がどう変わったか」「どんな知恵・スキルが身に付いたか」を問いましょう。もしうまくいっていない場合には、「どうしたら、もっとうまくいくか」と問いましょう。うまくいっている場合でも、「なぜよかったのか」「なにがよかったのか」「どうしたらさらに効果的にできるだろうか」と積極的に問いを投げてみてください。

実際に紙などに書いてみることで、自分の成長を感じたり、これからの課題や目標も見つかったり、気づきがあると思います。

次ページ2つ目の問いは
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • トクを積む習慣
  • ネットで故人の声を聴け
  • 本当に強い大学
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
消える仕事、残る仕事<br>1億人の「職業地図」

コロナ、AI、脱炭素――。私たちの雇用を取り巻く環境が激変しています。今後、どんな職業を選ぶかは死活問題に。2030年に向け「消える仕事」「残る仕事」36業種、「会社員の価値」がわかる9職種を掲載。本特集が職業を改めて考える機会になれば幸いです。

東洋経済education×ICT