残業だらけになる人は「信頼残高」を知らない

苦手な上司にこそ積極的に絡んだほうがいい

初めて仕事をする相手との場合は、しつこいくらい相談したほうがよい(写真:EKAKI / PIXTA)
上司や顧客に何度も仕事のやり直しをさせられ、残業ばかりの毎日……。そんな状態に陥っている人は、内容や品質の問題ではなく、実は「信頼残高」が足りないのかもしれません。
相手に信頼され、長時間労働の削減にもつながる「信頼残高」の高め方について、この記事ではご紹介します。

「やり直し」を命じられるのは「信頼残高」のせい?

上司や顧客企業の担当者に資料を提出すると「これちゃんと調べたの?」「もっと確実な根拠を出して」「もっとわかりやすく作り直して」……など、あれこれと指摘を受けることはありませんか? 「なんかしっくりこないんだよね」などと言われ、どこをどう直していいかもわからず、仕事が終わらないという方の嘆きもよく聞きます。

この連載の記事一覧はこちら

何をしても受け入れてもらえないという状況が続くと、「嫌われている」「相性が悪い」「パワハラだ」と相手のせいにするか、逆に「自分の能力が低いのだ……」と自己否定してしまいがちです。でもそれ、実は「信頼残高」が積み上がっていないのが原因かもしれません。

次ページ信頼残高とは?
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 湯浅卓「トランプ政権の真実」
  • 埼玉のナゾ
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
頭脳争奪<br>中国が仕掛ける大学戦争

国の未来を左右するのは優れた頭脳。大国化した中国は今、その受け皿となる世界トップレベルの大学をつくることに驀進中だ。1つの象徴が深圳(しんせん)の南方科技大学。教育強国となった中国の戦略と、受けて立つ日本の危機感が浮き彫りに。