タイプは5つ!「優柔不断」から抜け出す方法

「グズグズ型」「ナヨナヨ型」あなたはどれ?

何かを決めるということは、ほかの可能性を捨てることでもあるため、迷うのも当然です(写真:den-sen / PIXTA)

自分はどの優柔不断タイプ?

この連載の記事一覧はこちら

新年にあたり、今年の決意を新たにしている方も多いと思います。仕事の目標や、旅行、大きな買い物、趣味や習い事……など何かを決めることが多いのもこのタイミングかもしれません。何かを決めるということはほかの可能性を捨てることでもありますから、迷いも当然大きくなります。

なかなか決めきれない優柔不断な自分が嫌だと考えている人は存外多いもの。一口に優柔不断と言いましたが、筆者はいくつかのタイプに分かれると思っています。

理想を追い求めてやみくもに動いてしまう「グズグズ型」
誰かに決めてもらいたい依存体質の「ナヨナヨ型」
自分が何をしたいのかよくわからない「フラフラ型」
リスクが怖くて決められない「ビクビク型」
ほかの選択肢を捨てられない「アレコレ型」

などです。いずれの優柔不断タイプだとしても、決めるべきときに決められなければチャンスを逃し、さらに悪い結果になるリスクがありますね。

簡単な問題であれば決断に時間はかかりにくく、失敗しても後悔はおきにくいですが、需要な問題となるとそうはいきません。前回の記事(「決断疲れ」を起こす人は「判断軸」を知らない)では、決め方全般についてお話をしましたが、本記事では特に重要なことを決めるための方法について、詳しくお伝えしたいと思います。

次ページ総合評価法を使うときは?
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 本当に強い大学
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の勝者と敗者<br>不動産 熱狂の裏側

実体経済の悪化を尻目に、国内外から熱い視線が注がれる日本の不動産。業界の雰囲気とは対照的に、上場不動産会社の株価は軒並み軟調です。コロナ後の新常態で誰が笑い、誰が泣くのでしょうか。現場の最新情報を基に不動産市場の先行きを展望します。

東洋経済education×ICT