通勤途中「雪の日リスク」を回避する方法5選

滑らずに歩くには、知識よりも意識が大事だ

ギザギザの溝が深い靴底を持つ靴が滑りにくいのは、積もった雪をグリップ(つかむ)する力が増すから理解できるだろう。しかし、靴底の「ゴムの柔らかさ」も重要だという。とくに凍結した路面を歩くときは、いくら靴底の溝が深くても、凍結した路面はなかなかグリップすることができない。加えて、靴底が硬いと雪面に密着しにくくなり、つるりと滑る可能性が高まるからだ。

「これもまたクルマの冬用スタッドレスタイヤと同じです。冬用タイヤは凍結路でのグリップ力を高めるため、夏用よりもゴム質が柔らかくなっています。だからこそ冬用タイヤをアスファルトの上で使うと、タイヤがすり減りやすいといわれているわけです」(金田さん)。

「靴底が深くて柔らかい靴がない!」というなら、靴用アタッチメントを用意するのも手だ。これは普通の革靴やスニーカー、ハイヒールなどにも装着できる外付けの靴底。スパイクのような金属ピンや、柔らかいゴム質の深い溝が付いているので、これを普段使いの靴に装着するだけで簡易スノーシューズができる。いわば靴用の「タイヤチェーン」だ。ネットなどで1000円前後で売っているので、自宅や会社に備えておけば、突然降ってきた場合でも、ひとまず安心だ。

歩き方よりも、危機意識を保つことが重要

すべらない話2 スキルを高めるより、「意識」を高めよう

「バランスが崩れないよう、ペンギンのように小さな歩幅で歩くべし!」、「できるだけ小さな歩幅で靴の裏全体を接地するように歩くべし!」――。

雪道での滑らない歩き方として、よく出てくるのがこれらのスキル。もちろん、それぞれ効果的だが、金田さんは「歩き方で一番大事なのは、『気をつけて歩こう!』という“危機意識“です」と指摘する。なぜか?

「札幌市内で雪道での転倒による救急搬送者の数を見ると、北海道一のネオン街である、すすきの周辺が圧倒的に多い。理由は明解で、お酒に酔って『気をつけて歩こう!』という意識が薄れる人が多いから(笑)。危ないと思ったら、人は誰しも自然と転ばないような前傾姿勢を取って、歩幅も短くなり、慎重に歩くものです。滑らない歩き方を知識として持つことはもちろん大事ですが、『転ぶかもしれない』、『慎重に歩かなければ』という意識を忘れないように歩くことがより重要です」(金田さん)。

同じ理由で、滑りたくないなら「スマホを操作しながら歩く」、「駆けるように急いで歩く」といった歩き方も絶対に避けたい。「めっちゃ積もっているからSNSに画像投稿しようっと」、「電車に乗り遅れてしまう! 急がねば!」と、別のところに意識を向けていると、雪道への危機意識がその分、薄れてしまう。それでは“すべリスク”が高まるばかりだ。

その場で撮影してもいいが、SNSへの投稿は、家など雪道以外の場所に行ってからでも間に合う。滑ってころんでケガしたほうが、仕事も会社も大損害。雪道ほど、そんな冷静さを持ち、“危機意識高い系”でいきたいところだ。

次ページ踏み固められた道のほうが危険
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 女性の美学
  • この新車、買うならどのグレード?
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 男性学・田中俊之のお悩み相談室
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ZOZOに立ちはだかる<br>「ゾゾ離れ」より深刻な課題

盤石だったZOZOの収益基盤が揺らぎ始めた。常時割引の有料会員サービスで混乱を招いたが、さらに深刻な事態が。今年度の通期業績が上場後初の営業減益になる見通しとなったのだ。上場以来最大の正念場を乗り越えることができるか?