若手必見「仕事で着るコート」選び5つのコツ

色はネイビーか黒、仕事帰りに買いに行こう

スーツに合うコートを1着選ぶとすると、どんなコートがいいか (写真:YakobchukOlena / PIXTA)

年末年始が近づくと共に、本格的に気温が下がってきた。コートが手放せない、冬の到来である。

となると、就職してからはじめての冬を迎える新入社員にとって「そういえば、仕事で着るコートって……何を選べばいいんだ?」と悩まれる方も多そうだ。

もちろん「ノースフェイスのダウンジャケットを着れば超絶暖かいし、ついでに靴も雨も雪も怖くないダナーなんかのブーツにしたら完璧だなー」と、高機能なアウトドア製品で固める手もある。とくに雪国なら、それこそ間違いのない選択だ。

スーツに合うコートを一着持つなら

この連載の一覧はコチラ

もっとも「基本的にスーツスタイル」という堅めの業種や、「服装にうるさい上司がいる」といった職場の方は、やはりコートもそれなりに“オンタイムに沿ったもの“を一着もっておくほうが無難だろう。

そこで今回は、若手社員がスーツに合わせるコートを一着買うとしたら「これにしとけば間違いない」という選び方とオススメのコートを、松屋銀座の紳士課マネージャーの川島雄太氏に伺った。冬将軍が本気を出す前に、購入の参考にしていただきたい。

コート選びのコツ1 ジャケットが隠れる着丈&袖丈が無難

たまにキルティングジャケットなど、着丈が短めのアウターをスーツに合わせて着こなしている人がいるが、スーツのジャケットの裾が「こんにちは」と、顔を出してしまっている。これは見た目的にも防寒的にもNGだという。

「丈の短いコートはスポーティに見えて動きやすいのですが、中に着たジャケットが見えてしまうのは、やはり少しみっともなく見えてしまいます。また防寒という意味でも、長いほうが暖かい。スーツに合わせるコートを一着…というならば、やはり着丈は長めを選ぶほうがいいのではないでしょうか」(川島さん)。

次ページ丈が長めだと寒さ対策になる
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 越湖信一のスーパーカー列伝
  • 日本と中国「英語教育格差」
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。