若手必見「仕事で着るコート」選び5つのコツ 色はネイビーか黒、仕事帰りに買いに行こう

印刷
A
A

スーツに合わせるコート選びの鉄則は、まず「着丈が普段着ているスーツのジャケットより長い」こと。しかも、寒さ対策を万全にしたいなら、膝上近くまでの、丈が長めのコートを選ぶのが良さそうだ。

「またコートの丈が短くなるほどスポーティでカジュアルに見えることからわかるように、逆に長くなるとシックでフォーマルに見えます。スーツに合わせる一着を選ぶのなら、やや長めを選ぶほうがオススメですね」(川島さん)。

着丈のみならず袖丈にも気を配りたい。コートの袖丈は、中に着たジャケットと同じくらいか、それより長いのが基本スタイル。しっかり手首を隠したほうが寒さを防げるし、見た目もすっきりするからだ。

丈が長くなるとシックでフォーマルに見える

コート選びのコツ2 ダークカラーがやっぱり、無難

今回のテーマである「一着に絞って選ぶ」のなら、コートの色はネイビーや黒などのダークカラーを選ぶのが良さそうだ。ベージュなどの茶系コートも渋くて格好いいのだが、明るめのカラーは「汚れが目立つ」というデメリットがある。またベージュなどは膨張色なため、着慣れていないと、やや間延びして、だらしなく見える可能性もあるという。

「ダークネイビーや黒などは締まって見えるので、長め丈でもすっきりと見える。加えて、中に着るスーツがネイビーでも黒でも、あるいは茶系でも合わせやすいのもいいところですね」(川島さん)。

ただし、同じダークカラーでも、ストライプやチェックなどが目立つ柄入りのものは、最初の一着としては選ばないほうが良さそうだ。

「スーツのパンツでストライプやチェックなどの柄物はけっこうポピュラーですよね。そうしたパンツと合わせたときに、上に着たコートがまたストライプやチェックなどの柄だと柄×柄で、ガチャガチャとうるさく見えがち。相当に上級者向けになってしまいます。合わせやすさで選ぶなら、無地か目立たないヘリンボーン模様の柄くらいがいいでしょう」(川島さん)。

コート選びのコツ3 カタチはベーシックなのが無難

ダッフルコート、ピーコート、モッズコート……。コートの種類は多々あるが、スーツに合わせる一着ならば、やはりベーシックなものを選ぶのがいいだろう。ダッフルコートやピーコートはカジュアルなイメージが強く、プライベートのときと兼ねて使うにはいいが、「スーツに合わせて間違いない」という今回のお題から考えると、やや中級者向けかもしれない。

次ページ軍用だったモッズコートもありだが…
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT