若手必見「仕事で着るコート」選び5つのコツ 色はネイビーか黒、仕事帰りに買いに行こう

印刷
A
A

また元はミリタリー用に使われていたモッズコートをスーツに合わせるのは、あえてミスマッチを狙った“ハズし”の着こなしとしてはアリ。しかし、1990年代の名作刑事ドラマ『踊る大捜査線』感が滲み出るのは否めない。いちいち先輩社員に「青島!」と呼ばれたり、「事件は現場で起きているんだ!」と言わされそうで、めんどくさそうだ。

「そう考えると、スーツに合わせる冬のコートのカタチは『チェスターコート』か『ステンカラーコート』などの、極めてベーシックなものがベターだと考えます」(川島さん)。

コート選びのコツ4 実はオールマイティな「チェスターコート」

というわけで、1~3の条件を考えたうえで、川島さんがすすめるコートは2つ。

まず1つは「ウールのチェスターコート」だ。チェスターコートとは、ご存知のとおり、スーツのジャケットの丈をそのまま膝丈くらいまで長くしたようなコートのこと。19世紀にイギリスのチェスターフィールド伯爵が着たことがその名の由来とされている。

チェスターコートはオンでもオフでも使える

チェスターコートの試着例。オンタイムでもカジュアルにも合う“使い勝手の良い“コートのひとつだ(筆者撮影)

「ここ数年、学生の方などもカジュアルに着こなす方が増えたので馴染みのある人も多いはず。けれど、そもそもがドレッシーなコートですからね。もちろんデニムなどと合わせたカジュアルスタイルでも使えますが、オンタイムのスーツスタイルにこそ合う、つまり“使い勝手の良い“コートです。ダークネイビーや黒のウール製なら冠婚葬祭にまで使えるほどですからね」(川島さん)。

少し気になるのは、スーツのジャケットと同じようなラペル(衿)がついていること。ラペルONラペルで、あたかも十二単のようになってしまうのは、着こなし的にはどうなのか、と迷われる方もいそうだ。

「そもそも問題ないですし、もし気になるようなら、マフラーなどを首元に巻いて隠す。また、コートの衿元をなぞるようにマフラーあるいはスカーフを合わせると防寒対策になると同時に、オシャレに見えるし、そのうえ顔やクビの脂がコートにつかないというメリットもあります。コートの差し色になるような、少し明るめのグレーや、ちょっとした柄の入ったマフラーを合わせるのもオススメですね」(川島さん)。

コート選びのコツ5 「ステンカラーコート」も選択肢

もう1つのオススメは「ステンカラーコート」だという。バルマカーンコートとも呼ばれる、シンプルに折り返した衿がついた定番中の定番のコートだ。これもチェスターコート同様にロング丈が基本なため、スーツにはばっちりハマるし、Vゾーンが見えなくなる分、コーディネートもしやすいといえそうだ。さらにステンカラーコートの場合、防水、防寒などに優れた「高機能新素材」を使ったコートが多々出ているのも、推す理由だという。

次ページオンでもオフでも使える
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
ニトリ、強気の「連続記録更新」を揺さぶる大試練
ニトリ、強気の「連続記録更新」を揺さぶる大試練
ガストがあえて「低価格メニュー」の拡充に走る根本的な理由
ガストがあえて「低価格メニュー」の拡充に走る根本的な理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT