私の人生は完全に失敗だった!

他人の成功談はおとぎ話だと思いなさい

これまでの成功例・失敗例は役に立たない

このあたりで、やっと今回の回答(らしきもの)を出すとすれば――サルトルがこのことを強調していますし、私もそのとおりだと思いますが――あなたの人生はあなたが切り開くしかないということ、他人の成功談・失敗談、いやあなた自身のこれまでの成功例・失敗例でさえ、次にあなたが動くときには、ほとんど何の役にも立たない、ということでしょうか。

「何事も、実際にやってみるまではわからない」ということです。これって、何も言っていないようでいて、意外に元気の出るものなのですね。あなたがする「次の選択」は、これまで地上に生息した人類の誰ひとりとしてしなかった、まったく新しいものなのです。だから、それが成功したか失敗したかを決めるのは「あなた」だけなのです。

以下は蛇足なのですが、私はかなり前からあえて(あえてするまでもなく材料豊かなのですが)「自分の人生は完全に失敗だった」と思い込むようにしています。そう思い込むと「そうでもない」というささやき声も聞こえてくるのですが、そうした声を、ゴキブリをたたき潰すようにパチッとたたき潰します。

なぜなら、私にとって、「人生に成功し、幸福であり、満足して死に、そのあとは永遠の無」というほど残酷な図式はないからです。せめてこの人生が「苦悩と悲痛の連続であり、これほどろくでもない人生なら、それから去って永遠の無に突入するのもまあいいだろう」と思えるほうが幸せだと考えるからです。

最後に参考文献を掲げますが、今回は、私の本だけでは心苦しいので、サルトル『実存主義とは何か』(人文書院)を第一に挙げましょう。そのほか、私の本のうちでは、『働くことがイヤな人のための本』(新潮文庫)と『孤独について』(文春文庫)が今回の相談に関係しています。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 360°カメラで巡る東京23区の名建築
  • 中学受験のリアル
  • はじまりの食卓
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
不動産バブル崩壊前夜<br>あなたの街は大丈夫?

日増しに強まる「不動産価格は高すぎる」の声。融資姿勢の厳格化など、バブルは崩壊前夜の様相を呈している。投資市場と居住用実需の現場に迫るほか、首都圏主要駅別に2025年の地価を予測、下落率を一覧にした。