日本の「ガラパゴス就活」を破壊せよ!

日本の就活と世界の就活はこんなに違う

 就活時期の繰り下げなどが話題に上る、日本の就職活動。日本の就活はどこが問題なのか? どうすれば企業と学生にとって実りある就活を実現できるのか。世界最大の日英バイリンガル就職イベント「ボストンキャリアフォーラム」を営むディスコの社長を務め、世界の就活事情を知る夏井丈俊氏に話を聞いた。

――最近、就職活動の時期の繰り下げが話題になっていますが、これは、何か本質的な変化につながるのでしょうか。

就活の時期をいくら議論しても、何も変わらないと思います。やっぱり大事なのは、大学教育自体の改革です。

たとえば単純にアメリカと比較すると、アメリカの大学は、圧倒的に卒業しにくい。授業も忙しいですし、成績が悪ければ、就活の際にマイナスポイントになってしまいます。だから、何が何でもいい成績をとろうとするわけです。日本の大学のように、「この授業は不可でいいや。落としてもいいや」といったことはできません。

ですから、大事なのは、大学を根本的に卒業しにくくすることです。忙しいから就職活動は必然的に後になります。今の大学のシステムであれば、時期は変えても学生の質は変わりません。そして、世界からいい先生を呼んでくること。そのためには、おカネがかかるので、大学の授業料をもう少し引き上げる必要があります。率直に言って、東大は今の2倍、3倍の授業料にしても、払う人はたくさんいるはずです。大学の質や仕組みを根本から変えていかないと、海外の学校と戦うのは難しい。

給料の高さを最優先する海外の学生

もうひとつはインターンシップのあり方です。アメリカの企業はインターンシップで学生を見極めます。学生側も、たとえばアップルに入りたければ、インターンでなんとかすべり込んで、その中で頑張ってアップルに潜り込もうと考えます。

そうした大学改革があったうえで初めて、就職の時期の議論が出てくるわけです。

日本では就活の時期について、経団連がルールを作ったり、国が指針を出したりしていますが、海外の場合は、大学側が独自の解禁日を設定しています。東大などの旧帝大や、一橋、東工大、慶応、早稲田といった上位大学がコンソーシアムを組んで、就職支援の改革を行うのがいいと思います。そして、企業に協力を募って、違反した企業は、ブラックリストに載せればいいのです。

大学側としては、「自分の大学だけがほかと違うことをやって、企業から相手にされなくなったらどうしよう」と怖がっているところもありますが、一流大学が束になって変革すれば、問題はないはずです。

次ページ理系の学生こそ留学を
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 看取り士という仕事
  • 就職四季報プラスワン
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT