「スプラトゥーン2」期待に反しない正常進化

WiiUで大ヒットした続編、Switch版の中身は

世界的に注目された前作の発売から2年強。ハードを変えて発売された「スプラトゥーン2」© 2017 Nintendo
物心ついたときからゲームと付き合い続けてきた筆者が、その長いゲーム歴から最新作や過去の名作までもを掘り起こして語り尽くす連載。今回は、任天堂を代表する人気ゲームとなった「スプラトゥーン」の最新作を取り上げる。

イカたちがインクの撃ち合いを楽しんでいる

過去の連載一覧はこちら

任天堂の家庭用ゲーム機としては苦戦した「WiiU」版でありながら、世界的に注目された前作の発売から2年強。ハードを「Nintendo Switch」に変えて「スプラトゥーン2」が発売され、1カ月以上が過ぎた。

スプラトゥーンは、人とイカに変身できるキャラクターが街中を縦横無尽に動き回り、水鉄砲のような武器に入ったカラフルなインクを撃ち合って、そのインクで塗りつぶしたナワバリを奪い合うテレビゲーム。オンライン対戦が大きな特徴だ。

個人的にはスプラトゥーン2の発売までにSwitchの品薄状態が解消されると思っていたので、未だに手に入りづらい状況であるというのは予想外だった。それでもしっかりとユーザーの心をつかみ、今日も多くのイカたちがインクの撃ち合いを楽しんでいる。

今作でも、前作と基本コンセプトは変わっていない。メインモードとなる「ナワバリバトル」は前作と同様、床を自分たちのチームの色に塗った面積が多いほうが勝ち。当然、相手チームのイカを倒すことができれば、有利にはなるが、それだけでは勝利はできない。いかに役割を分担し、ちゃんと自陣の塗り残しそうなところを塗ったり、相手が塗り返しにくいところを塗ったりすることが重要になってくる。

このシステムによって、撃ち合いが苦手なプレイヤーでも、味方の勝利に貢献できるのがスプラトゥーンシリーズの基本である。

次ページ前作と違い、今作に絶対必要なこととは?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 男性学・田中俊之のお悩み相談室
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
アマゾンに勝つ経営<br>諦めるのは、まだ早い!

ネット通販の巨人アマゾンが小売業者を次々駆逐している。ただ、活路はある。負けないためのキーワードは「ラストワンマイル」と「サブスクリプション」。ポストアマゾン最右翼の中国企業や、日本のネットスーパーなどの最前線をルポ。