「スプラトゥーン2」期待に反しない正常進化

WiiUで大ヒットした続編、Switch版の中身は

次に、ガチマッチにおける「飛び級」の導入だ。

前作同様、今回もガチマッチには3つのバトル方式が用意されている。そしてバトル方式それぞれに「ウデマエ」が設定されている。ウデマエとはプレイヤーのランクだ。勝ち続ければウデマエが上がる。そして近いウデマエ同士でマッチングされるようになっている。

最初はC-から始まり、勝敗によって

C- → C → C+ → B- → B → B+ → A- → A → A+ → S → S+

の間をランクが変動していく。前作ではガチマッチ全体で1つのウデマエであったが、今回はバトル方式ごとにそれぞれ別にウデマエが存在する。

ただ、このままだと最初のC-に熟練者も初心者も同時にマッチングされてしまう。またバトルごとのウデマエ査定になったことからウデマエが上がりにくく、熟練プレイヤーでも長くC帯やB帯という、レベルの低い場所に留まることが予想された。そのため、強い熟練プレイヤーを早くA帯やS帯に送り込み、強い同士、弱い同士で戦うというウデマエの機能を潤滑に発揮させるために、「飛び級」の仕組みが用意されている。

「フレンド」と勝ちまくろう

前作ユーザーと新規ユーザーを同時に満足させるための工夫がされている© 2017 Nintendo

次に新しいモードであるリーグマッチの追加だ。

リーグマッチは、オンライン通信によって友だちとなった「フレンド」同士が組んで2人、または4人のチームを作り、2時間のプレータイムに勝ちまくってリーグパワーを溜めてその時間帯の勝利チームを決めるモードだ。

フレンド同士でチームを組むことが前提であることから、自ずとスプラトゥーン甲子園を始めとするリアルイベントでの優勝を目指すような熟練したプレーヤーが集まりやすいモードとなる。またマッチングもリーグパワーが近い同士で組まれるから、スプラトゥーン特有の偶然性よりも、綿密な役割分担と作戦。そしてプレイスキルの差が勝利につながってくるモードである。

このリーグマッチにガチ勢を集めることで、野良、すなわちフレンドではない人同士が集まる、通常のナワバリバトルやガチマッチには、比較的、気楽にプレーしているような層が集まりやすくなり、初心者でも戦いの役に立つ余地が産まれると言うわけだ。

次ページ他のプレイヤーと一緒に頑張る「サーモンラン」
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
JR東「ダイヤ改正&オフピーク」で狙うコロナ後
JR東「ダイヤ改正&オフピーク」で狙うコロナ後
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT