「スプラトゥーン2」期待に反しない正常進化

WiiUで大ヒットした続編、Switch版の中身は

またサーモンランでは、ブキはそれぞれのバイト時間帯ごとに必ず決まった4種類が支給され、1ゲーム3回のセット(ゲーム内ではWaveと呼ばれる)ごとに、重複しない形でそれぞれ4人に手渡される部分にある。

これは1回プレイするごとに変更されるのではなく、だいたいリアル時間で24時間ほどの開催期間の最中は、すべてのプレイヤーが同じ4種類のブキを使って戦うことになる。

24時間ブキが変わらないから、バイトでアイテム類やおカネを稼ごうとすれば、いくら使い慣れてないブキであっても使いこなせるようにならなければならない。ヒーローモードではブキの使い勝手をじっくりと学ぶことができるが、こちらではまさにOJT(オン・ザ・ジョブ・トレーニング)である。

情報を共有できるところも楽しみのひとつだ

クセの強いブキを使いこなすことが勝利のカギ© 2017 Nintendo

最近だと、このモードに「ダイナモローラー」という、強い攻撃力を持つが、インク消費が激しく、振りも遅いというブキが支給され、このブキをどのように活用すればいいかということがTwitterで話題になっていた。

ダイナモローラーは転がせば、最も強いザコシャケである「ドスコイ」も一撃で倒せるが、普通に転がして移動させるとインク消費が多すぎることから、仲間との間に立ってゆっくり動けば、インク消費も少なく、壁役として活躍できることを学んだ。前作ではほとんどローラーを使わなかった自分には、こうした情報がとても勉強になる。

このように、ゲーム内のバイト仲間だけではなく、ネット上にもバイト仲間がたくさんいて、情報を共有できるところもサーモンランの楽しいところである。

スプラトゥーン2の発売に向けて、開発陣には強いプレッシャーがあっただろう。

初代はまだ海の物とも山の物ともつかない状況でありながら、蓋を開けたらWiiUという普及しなかったハードで大ヒット。多くの人が改めて任天堂のゲームの凄さに注目させられた。

次ページ前作と新規ユーザーを同時に満足させなければならない
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 角田陽一郎のMovingStudies
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
企業同士の取引で「値上げラッシュ」が起きている
企業同士の取引で「値上げラッシュ」が起きている
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT