「スプラトゥーン2」期待に反しない正常進化

WiiUで大ヒットした続編、Switch版の中身は

今回は前作の大ヒットを受けて、ローンチタイトルにはならなかったものの、やはりSwitchという新ハードを牽引する役割として、前作ユーザーと新規ユーザーを同時に満足させる使命を帯びた。

単純にタイトルの命運として考えても、続編は難しい立場にある。初代が面白くて、2や3が待ち望まれたけれど、発売された結果、どんどん失速していくタイトルなんてのは珍しくもなんともない。

クリエイターたちは当然面白いゲームを作りたくて、一生懸命に最初のタイトルを作る。それが評価されて売れればバンザイである。しかし、売れると続編の発売がマーケットの要求としてあがってくる。

それに答えようとしても、やりたいことが最初のタイトルでやり尽くされていると、2や3では出がらしのようなアイデアしか出てこずにマンネリ化して、そのタイトル自体がユーザーからそっぽを向かれ、忘れ去られていくようなことも少なくない。

逆に前作から大きく路線を変更してしまえば、それも既存のユーザーを手放すことにつながる。ヒット作というのは2作目、3作目とユーザーの興味を持続するほうが難しいのである。

新しい要素がゲームをより一層楽しむためのスパイスに

スプラトゥーン2は、初代と同様にナワバリバトルやガチバトルをメインとしながら、リーグマッチやサーモンランという新しい要素を付与させた。

これらの新要素によって学ぶことも多く、それがナワバリバトルやガチバトルをより一層楽しむためのスパイスになっている。そうして初代よりも確実により良く正当に進化したと言えるだろう。

市場にはまだSwitchを手に入れていない人も多く、初代のほうもまだまだ対戦が盛り上がっている。いずれ初代のイカたちも2の世界にやって来る。

また、今後追加されるであろう新しいブキや新しいステージ、新しいガチマッチのルールなども期待は大きい。ひょっとしたら、今現状以上の大型バージョンアップなどもあるかもしれない。これからもさまざまな遊びを提供してくれそうなスプラトゥーン2。しばらくはファンの関心を呼び続けるだろう。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
  • 夢を諦めない「脱会社員の選択」
  • 忘れえぬ「食い物の恨み」の話
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT