任天堂「スイッチ」は、Wiiを超えられるのか 今後の収益は新型ゲームの売れ行き次第

印刷
A
A
君島達己社長は「プレースタイルを多様化させる新しいゲーム機だ」とスイッチを紹介した(撮影:田所千代美)

業績低迷に苦しむゲーム業界の雄、任天堂が今後の収益を左右する局面に突入している。

1月31日に発表された2016年4〜12月期決算は、売上高が前年同期比26%減の3111億円、営業利益は同38%減の263億円と減収減益だった。昨年に発売した『ポケットモンスター サン・ムーン』が牽引して携帯ゲーム機関連は伸びたが、据え置き型ゲーム機「Wii U」の販売減少が響いた。

また、好採算のゲームソフトのダウンロード販売比率の低下や期末にかけ広告費を積み増すことを加味し、通期の営業益予想を300億円から200億円へ下方修正した。

スマホは人気タイトルを次々に投入

ただし、重要なのは足元の業績ではなく今後の動向だ。2月から3月末にかけて、任天堂の将来を左右する製品が続々と投入される。

大きな柱の一つがスマホ向けゲームだ。2月2日にシミュレーションRPG『ファイアーエムブレム ヒーローズ』を配信。昨年12月に米アップル製品向けに配信し、7800万ダウンロードを突破した『スーパーマリオ ラン』(マリオラン)も3月にアンドロイド端末向けに配信する。

3月までの発売を予定していた『どうぶつの森』は、前述の2タイトルを配信したことと、その運営対応を優先するため延期となり、2017年度中にリリースされる見込みだ。

任天堂はスマホ事業について、「IP(タイトルやキャラクターなどの知的財産)に触れる人口の最大化」「事業単体の収益化」「ゲーム専用機事業との相乗効果」という、三つの方針を掲げている。

次ページスマホ向けタイトルでどう稼ぐ?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
ガストがあえて「低価格メニュー」の拡充に走る根本的な理由
ガストがあえて「低価格メニュー」の拡充に走る根本的な理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT