任天堂「スイッチ」は、Wiiを超えられるのか

今後の収益は新型ゲームの売れ行き次第

君島達己社長は「プレースタイルを多様化させる新しいゲーム機だ」とスイッチを紹介した(撮影:田所千代美)

業績低迷に苦しむゲーム業界の雄、任天堂が今後の収益を左右する局面に突入している。

1月31日に発表された2016年4〜12月期決算は、売上高が前年同期比26%減の3111億円、営業利益は同38%減の263億円と減収減益だった。昨年に発売した『ポケットモンスター サン・ムーン』が牽引して携帯ゲーム機関連は伸びたが、据え置き型ゲーム機「Wii U」の販売減少が響いた。

また、好採算のゲームソフトのダウンロード販売比率の低下や期末にかけ広告費を積み増すことを加味し、通期の営業益予想を300億円から200億円へ下方修正した。

スマホは人気タイトルを次々に投入

ただし、重要なのは足元の業績ではなく今後の動向だ。2月から3月末にかけて、任天堂の将来を左右する製品が続々と投入される。

大きな柱の一つがスマホ向けゲームだ。2月2日にシミュレーションRPG『ファイアーエムブレム ヒーローズ』を配信。昨年12月に米アップル製品向けに配信し、7800万ダウンロードを突破した『スーパーマリオ ラン』(マリオラン)も3月にアンドロイド端末向けに配信する。

3月までの発売を予定していた『どうぶつの森』は、前述の2タイトルを配信したことと、その運営対応を優先するため延期となり、2017年度中にリリースされる見込みだ。

任天堂はスマホ事業について、「IP(タイトルやキャラクターなどの知的財産)に触れる人口の最大化」「事業単体の収益化」「ゲーム専用機事業との相乗効果」という、三つの方針を掲げている。

次ページスマホ向けタイトルでどう稼ぐ?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブックス・レビュー
  • 就職四季報プラスワン
  • 映画界のキーパーソンに直撃
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
電池開発でノーベル化学賞<br>吉野彰氏が示した「危機感」

受賞会見とともに、リチウムイオン電池の開発の歴史と当事者の労苦を振り返る。世界の先頭を走ってきた日本も、今後および次世代型の市場では優位性が脅かされつつある。吉野氏率いる全固体電池開発プロジェクトに巻き返しの期待がかかる。