「マリオラン」がポケモンを超えられない理由

難易度に対して「報酬」が低すぎる

12月16日の配信日から4日間で4000万ダウンロードを突破した「Super Mario Run」(写真:編集部)

今回は同じ任天堂系のゲームでも、ポケモン・ゴーではなく、スーパーマリオランを取り上げます。任天堂は12月21日、DeNAとの共同開発・運営のiOS向けゲームアプリ「スーパーマリオラン」が12月16日の配信開始から4日間で4000万ダウンロードを突破したことを発表しました。

このゲームの特徴は「タップ」だけ、というシンプルな操作にあります。プレーヤーの操作に合わせてステージ画面が進行するのではなく、右から左へとステージが強制的にスクロールしていきます。これはスマホでは一般的ないわゆる「ランゲーム」という仕組み。ここに、任天堂の超大型IP(版権)である「スーパーマリオ」を組み合わせたのが、スーパーマリオランです。

プレーヤーはマリオを操作し、ゴールを目指しますが、さまざまな地形に加え、「ワナ」や「テキ」がステージ上に配置されており、それらに都度タップで対処しながらゲームを進行することになります。これ自体は「スーパーマリオ」の仕組みそのものです。

このゲームの大きな目標は、全ステージクリアと、全キャラクター解放、そして全ステージのコインを獲得するコインコンプリートなのですが、コインコンプリートをプレーヤーが目指す場合には、ベストなタイミングでタップすることが要求されるのに加え、一度失敗してコインコンプリート方法を覚えることも必要になります。

最初のプレーでコインコンプリートは無理

この連載の一覧はこちら

初めてステージをプレーした場合には、ゲームがどれだけ得意な人でも、コインをコンプリートすることはまず無理な仕組みになっており、これは一般的には「初見殺し」と呼ばれています。

さらに画面が強制スクロールであるということと、コインコンプリートのためには1ステージで5回、完全なタイミングでタップをしないといけないということで、やりこみプレー(完全クリア)をする際のプレーヤー体験は、本来の「スーパーマリオ」とは大きく異なったものになっています。

さて、こんな仕組みの「スーパーマリオラン」について「ポケモンGO超え」を期待する声が各所で聞かれる中、私は3つの理由からそれを否定をしたいと思います。

次ページひとつめの理由は?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激突! アサヒvs.キリン<br>「正反対」のビール戦略

2020年に豪州最大のビール会社を買収するアサヒグループHD。国内縮小を見越し「スーパードライ」集中でグローバル化を強化する。一方、キリンHDは化粧品・健康食品のファンケル買収などで多角化を推進。正反対の戦略の成否は? 両社トップに聞く。