「マリオラン」がポケモンを超えられない理由

難易度に対して「報酬」が低すぎる

1.買い切りシステムのハードルの高さ

まず、スーパーマリオランはステージ「1-3」までプレーをすると、突然、1200円払わないと続きのステージができなくなる仕組みになっています。

一度課金をすれば、それ以上、課金をする必要はないことを、任天堂や任天堂クリエイティブフェローの宮本茂氏は明らかにしていますが、ある程度遊んでゲームが気に入ったら本編を購入するというこの仕組みは、家庭用ゲームにおける「無料体験版」と「セーブデータ引き継ぎ可能な本編」というビジネスモデルに似ています。

これは、スマホゲームで一般的な「課金までのストーリー作り」や、「疑似課金行為に慣れさせてからの課金」とは大きく逸脱しており、突然の課金要求という「新しい体験」をスマホゲームユーザーに強いています。

ここまでやったんだから課金しないと、であったり、無料ガチャでゲームを進めていくうちにゲームを有利に進めるために有料ガチャがしたくなるような、課金への流れがいっさいないのです。

「ポケGO」のほうがスマホゲームらしい

そういう意味では「無料ガチャ」にあたる「ムゲンふかそうち」がある「ポケモンGO」のほうがまだ最近のスマホゲームらしいといえます。

カプコンのスマホゲーム(たとえば「逆転裁判」シリーズ)のように、徐々に課金していくグラデーションがあっていいのでは――と思うわけです。

2.ゲーム自体の難易度の高さ

ひと言で言うと、このゲームは「ロックマン世代」向きの高難易度となっています。

2009年に「New スーパーマリオブラザーズ Wii」に「スーパーガイド」というゲームプレーが苦手な人向けの、クリア補助機能が実装されたときには、いわゆる「スーパーマリオ世代」から「ロックマン世代」まで、「とうとう任天堂のゲームにもゆとりの波が……」と話題になりましたが、今回の「スーパーマリオラン」は正直難易度が高すぎます。

僕はゲームデザイナーという仕事柄、年齢の割にはゲームが得意なほうです。その僕から見ても、最初の5分で到達する「1-3」ステージのピンクコインやパープルコインの配置は、あと1ブロック場所をずらしたら、もっと一般的な難易度になるんじゃないかなと思うほどでした。

「ステージ攻略」を死にながら覚えていくランゲームが任天堂クオリティのステージ設計やレベルデザインで作られるということを、以前、わくわくしながら記事(任天堂がアップル発表会で放った「3本の矢」)で書かせていただきましたが、「買い切りシステム」同様、グラデーションがなさすぎて、片手間に遊ぶスマホゲームとしては、正直、調整を失敗したんじゃないかと思います。「ロックマン世代」にはちょうどいい感じだとは思いますが。

次ページ最後の理由は……
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • CSR企業総覧
  • 中学受験のリアル
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 女性の美学
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
頭脳争奪<br>中国が仕掛ける大学戦争

国の未来を左右するのは優れた頭脳。大国化した中国は今、その受け皿となる世界トップレベルの大学をつくることに驀進中だ。1つの象徴が深圳(しんせん)の南方科技大学。教育強国となった中国の戦略と、受けて立つ日本の危機感が浮き彫りに。