任天堂「スイッチ」は、Wiiを超えられるのか

今後の収益は新型ゲームの売れ行き次第

この戦略で成功を収めたのが「Wii」(2006年発売)だ。リモコンを使ったプレーで爆発的なヒットを記録し、2009年3月期に営業益5552億円をたたき出した。一方、2012年発売のWii Uは有力タイトルの不足で苦戦、売れば売るほど赤字の「逆ザヤ」だったこともあり、2012年3月期から3期連続で営業赤字に陥った。

人気タイトルを継続的に発売できるか?

スイッチのカギになるのはソフトだ。同時発売ソフトは8本で『ゼルダの伝説』シリーズ最新作が目玉となる。今後は『マリオカート』『スプラトゥーン』『スーパーマリオ』など人気シリーズを投入する。さらに、君島社長は外部ソフトメーカーが100タイトル以上を開発中であることも明かしている。

当記事は「週刊東洋経済」2月11日号<2月6日発売>からの転載記事です

JPモルガン証券の森はるかアナリストは「主要ソフトが出そろう今年の年末商戦が最初のヤマ場になるだろう」と分析する。

故・岩田聡前社長がスマホゲームへの参入と新型ゲーム機の開発を明らかにしたのは2015年3月。それから2年。任天堂は渾身のハードとソフトを投入し、再び全盛期の輝きを取り戻すことができるか。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「若き老害」常見陽平が行く サラリーマン今さら解体新書
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 育休世代 vs.専業主婦前提社会
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地盤沈下に抗う<br>国際金融都市・ロンドンの秘策

強気の姿勢を押し出すジョンソン氏が首相に就任し、「合意なきEU離脱」が現実に迫る金融街シティー。逆境下で推進するフィンテック、グリーンファイナンス、人民元ビジネスの戦略を現地ルポ。イングランド銀行副総裁のインタビューも。

  • 新刊
  • ランキング