女医が早婚逃すと生涯独身になりやすい原因

キャリアウーマン最高峰だけに難しさがある

「女医白書」から見えてきた女医の結婚観とは?(写真:Ushico / PIXTA)

女性の社会進出が非婚化・晩婚化を招いているといわれて久しいです。女性が仕事でキャリアを築きたいと思ったときに、どうしてもハードルとなるのが、結婚や出産・育児。家事との両立で疲弊したり、産休・育休で仕事のブランクが生まれたり、育休復帰後も子どもの体調不良で休暇を取らざるをえなくなったり、はたまたキャリアアップを望んでもマミートラックに陥ったり――。仕事に邁進しているタイミングでの結婚に逡巡するのも無理はありません。

そんなキャリアウーマンの最高峰ともいえる「女医」。ステータスを勝ち取った彼女たちはキャリアを積み上げながら、結婚とどう向き合っているのでしょうか。女医のためのウェブマガジン「joy.net」では、読者からのアンケートを基に「女医白書」を作成。その結果を見ながら女医座談会を開催しました。そこから見えてきた女医の結婚観とは?

研修中にゴールインしないと“詰む”との呪縛も…

結婚を急ぐ女医は多い?(図:女医が結婚した年齢/女医白書)
次ページ専門医取得には、最短でも5年
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 北朝鮮ニュース
  • 食べれば世界がわかる!カレー経済圏
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 離婚のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
白川日銀前総裁インタビュー<br>中央銀行の役割とは

退任から5年半。総裁就任前を含め、日銀とともにあった足跡を記した著書『中央銀行』が出版された。なぜ今沈黙を破ったか、金融政策が数々の批判にさらされたのはなぜか。日本経済の持続可能性への思い、中央銀行の果たすべき役割とは。