自発的に動く子に!「親子手帳」という仕掛け

「親のコメント」が子どもを変えていく

「親子手帳」の仕組みと使い方とは?(写真 : photoman / PIXTA)

※石田勝紀先生へのご相談はこちらから

小1と小4の子どもがいます。私は働いているため、子どもと一緒にいる時間はそれほど多くありません。限られた時間で、子どもに寄り添ってあげたいと思いつつも、子どもを叱ってばかりいます。夜になって、子どもが寝てから、「あんなこと言わなければよかった」と反省する毎日です。「勉強しなさい」と言ってはいけないとわかっていても言ってしまいますし、子どもの欠点ばかりが目について指摘してしまいます。どのようにしたらこの悪循環を変えられるでしょうか。(仮名:中村さん)

ついイライラしてしまう!を改善するには

この連載の記事一覧はこちら

お仕事をされながら、子育てをされている方は、ひと昔前に比べ、非常に増えてきました。限られた時間の中で子どもと接し、充実した時を過ごす方がいる一方で、その時間を叱る、怒るの時間にしてしまい、後悔してしまう中村さんのような方も少なからずいます。親も人間ですから、仕事でのイライラがあってそれを家庭に持ち込んでしまったり、子どものちょっとした言動が気に障るということもあることでしょう。

しかし、限られた親子の時間がそうなってしまうことは、とても残念なことです。なんとかこの状況を打開したいものですね。そこで、中村さんには「親子手帳」をお勧めします。この仕組みを使うことで、大分ラクになるはずです。

現在、私は全国から相談メールをたくさんいただいたり、ママカフェという少人数勉強会を主催したりしているのですが、そこでの質問の多くは「勉強しなさいと言わないと勉強しないのですが、どうしたらいいでしょうか」といったものです。もちろん、各家庭によってその背景は異なりますが、このような主旨の質問が大半を占めます。

次ページ「子ども手帳」とは?
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 本当に強い大学
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
半導体狂騒曲<br>黒子から主役へ

情報通信に欠かすことのできない半導体。可能性は広がる一方、巨額のマネーゲームの様相も強まっています。国の命運をも左右し始めている激動の業界。日本と世界で今何が起こり、どこに向かおうとしているのかに迫ります。

東洋経済education×ICT