アメリカは原爆投下をどう教えているのか?

アメリカの歴史教科書を読んで考えたこと

大統領の決断は正しかったのか?

娘が中学生のとき、「Social Studies」(社会科)の授業で使っていた教科書は「The American Nation」(Prentice Hall / Pearson)である。アメリカの教科書はみな分厚く、日本の教科書に比べたら3〜4倍のボリュームがある。この教科書も1000ページぐらいあった。しかも、教科書は生徒に配布されるのではなく貸し出されるので、使い終わったら返さなくてはならない。

そこで、私は、現代史の部分をコピーして読んだ。私が驚いたのは、たとえば、次のような原爆投下の記述である。

まず、原爆投下までの経緯が書かれている。これは要約すると、ナチスドイツが降伏した後、アメリカ軍のリーダーたちは秋には日本に侵攻するという計画を立てていた。そのときは、軍には15万人から25万人の犠牲が出るだろうという。そして次に、以下のようなポツダム宣言の記述が始まる。

 《ポツダムのトルーマン大統領のもとに、本国から驚くべきニュースが飛び込みました。科学者たちが秘密の新兵器、原子爆弾の実験に成功したのです。この新兵器の威力はすさまじく、たった1個の爆弾で1つの都市を破壊できるものでした。使用するにはあまりに危険と考える科学者もいました。連合国の指導者たちは、ポツダムから日本に対し、降伏しなければ「ただちに徹底的な破壊」が行われるだろうというメッセージを送りました。しかし、日本の指導者たちはポツダム宣言を無視したのです》(一部要訳、以下同)

 

こうして、原爆投下になる。

 《1945年8月6日、アメリカの爆撃機エノラ・ゲイが、日本の広島に原子爆弾を投下しました。爆発によって少なくとも7万人が死亡し、同じ数の人間が負傷しました。市の大部分は破壊されました。1945年8月9日、アメリカは第2の原子爆弾を、長崎に投下しました。住民約4万人が一瞬にして死亡しました。その後、長崎でも広島でも、さらに多くの人々が、爆弾から放出された死に至る粒子、放射能によって亡くなったのです》

 

広島の廃墟と化した写真も掲載され、ここまでは事実をそのまま記述している。しかし、その後のレビュー欄に、「トルーマン大統領は、どういう理由で原子爆弾を使うことを決めたと思いますか?」という質問があって、それに私は驚いた。

それまで私が知っていたのは、アメリカでは「原爆投下は犠牲者を少なくするため」とされていて、その正当性は問題になっていないということだった。しかし、この教科書では、この点をわざわざ生徒に問うている。しかも、さらに続けて、次のような質問をしている。

 《戦争後、トルーマン大統領は、原子爆弾使用に同意したことについて、「それは戦争の苦しみを早く終わらせ、何万人ものアメリカの青年たちの命を救うためだった」と語りました。この大統領の決定は正しかったと思いますか? あなたの意見の根拠を述べなさい》 
次ページアメリカにも原爆投下への異論はある
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • コロナ後を生き抜く
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
正規と非正規「格差訴訟」<br>判断が分かれた最高裁判決

非正規労働者が年末年始の待遇や病気休暇などについて正社員との格差是正を訴え、最高裁は格差は不合理で違法とする判決を出しました。一方で賞与や退職金についての格差是正はほぼ全面的に退ける判決も。非正規労働者の待遇は改善するのでしょうか。

東洋経済education×ICT