東アジアの「最先進国」は韓国か?

「一君万民」で読みとく、日清戦争から大統領選挙まで

隣り合い、国力の規模も近く、それでも遠い国

著者:與那覇潤(歴史学者、愛知県立大学准教授) 撮影:今井康一

日本では安倍晋三首相、韓国では朴槿恵(パククネ)大統領による新政権が発足してから、数か月が経とうとしている。

当初より、前任者どうしのあいだで冷え込んだ日韓関係の改善が期待され、また北朝鮮をめぐる情勢が緊迫するなかで、提携して問題に臨めるのかどうかが、今こそ問われているといえよう。

しかしながら、両国に刺さった歴史の棘は重い。近日も、安倍首相や橋下徹大阪市長の発言が激しい反発を呼ぶなど、「現在」のニーズがあるからといって、安易に「過去」を水に流せないのが、東アジアの難しいところだ。

植民地支配に起因する問題は日本のみのものではないが、相手とここまで地理的に隣接し、昨今は国力の規模も近づいてきた例は稀だろう。その分、「相手に譲るのは癪だ」という感情も強くなる。

しばしば「近くて遠い国」とも呼ばれるように、多くの日本人にとって、朝鮮史の知識は乏しい(おそらくは、逆もまたしかりだろうが)。

この問題について「意識の高い」人々のあいだでも、注目されるのは目下の従軍慰安婦問題のような、植民地化以降の話題に限られがちだ。そのことがかえって、韓国との歴史問題といえば「解決不可能なもの」、いつまでもそれに熱くなる韓国人は「理解できない人々」といった印象を、強くしているようにも思う。

次ページ「併合以前」の姿からみえる、われわれにも似た相貌
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
  • ドラの視点
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT