“中国発/米国流"ITサービス、日本にも上陸

「Yコンビネーター」初の中国人、23歳の新鋭が創設

ほんのわずかな時間で、自分好みのモバイルウェブサイトを手軽に作成――。そんなITサービスがにわかに注目を浴びている。その名も「strikingly」(ストライキングリー)。米国シリコンバレー最強のスタートアップ養成スクールと言われる「Yコンビネーター(YC)」に中国人で初めて入学した、若干23歳のデイビッド・チェンCEOが率いるストライキングリー社が運営する。
ストライキングリーは2012年9月にサービスを開始し、13年5月には日本語対応も始めた。日本上陸に先駆けて、インフィニティ・ベンチャー・パートナーズから4月に出資を受けている。フェイスブックページをはじめ、ウェブ上の自己表現の手段が多様化している中、ストライキングリーの特徴や狙いは何か。チェン氏を直撃した。

15分で自分専用のモバイルサイトを作成

――ストライキングリーの特徴を教えて下さい。

モバイルにカスタマイズしたウェブサイトを、たとえば15分程度で非常に簡単に作成できるサービスです。それも一つのウェブサイトを作成すれば、スマートフォン、タブレット、パソコン、すべてのプラットフォームに対応できるのが、ほかにない特徴です。

ストライキングリーを使って実際にユーザーが作ったサイト

12年9月のサービス開始以来、米国を中心に5万人以上のユーザーに利用され、月間40%でユーザー数が拡大している。5月23日からは、日本語対応も始めました。現在は英語と日本語の2カ国語で対応しています。

――どんなユーザーが使っているのでしょうか。

今のところ、ヨガ教室の講師やキャラクターデザイナー、政治家など、自分の仕事をPRするためにサイトを作るユーザーが多いようです。中には男性ユーザーがバレンタインデーに合わせ、彼女向けにラブレターとして作ったケースもありますが、地図やショッピングカートのアプリケーション(応用ソフト)を入れられたり、外部のサービスとも連携できたりしますので、中小企業や起業家に向いています。

次ページ収益化の手法は?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 越湖信一のスーパーカー列伝
  • トクを積む習慣
  • コロナ後を生き抜く
  • 精神医療を問う
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
悪用された「ドコモ口座」<br>セキュリティーに3つの問題

「ドコモ口座」を使った預金の不正引き出し事件。背景としては、回線契約がなくても口座が使える「ドコモ口座」自体と、安全性の脆弱なシステムで口座接続していた銀行側の双方に問題がありました。情報漏洩の経路も不明で、今後の対応が問われています。

東洋経済education×ICT