アメリカは原爆投下をどう教えているのか?

アメリカの歴史教科書を読んで考えたこと

娘に教えた歴史の教訓

しかし、日本の歴史教科書は、客観的な事実の記録ばかりに力点を置いている。どこからも文句が来ないように、編纂者がはじめから配慮しているように思える。

オリバー・ストーン監督の来日に合わせて、NHK-BS1では、『オリバー・ストーンが語るもうひとつのアメリカ史』(全10話)が放映された。このシリーズの中で彼は、「日本への原爆投下は軍事的にはまったく不要だった」と述べている。おそらく、ストーン監督もこうした教科書で育ったのだろう。

歴史とは、私たち一人一人のストーリーと国家のストーリーの集積である。これはいくつもの「必然と偶然」、そしてそのときの「選択」の結果だ。だから、常に「なぜ、いま私たちの世界はこんなふうになっているのか?」が問われなければならない。しかし、残念ながら、現在問題になっている反日的な中国の歴史教科書では、ストーリーは一つであり、その解釈も一つだ。

ハワイで夏を過ごしていたある年、娘がサマースクールから帰ってきた後、夕食までの1時間を割いて、私は娘に戦争の歴史を教えた。当時、中学生だった娘は「なんで」と嫌がった。しかし、私がつくった資料コピーを見て観念し、私の話を聞いた。

このとき、私が教えた歴史の教訓は、たった一つである。

私が20世紀の世界の歴史、そして日本の歴史から、次の世代に教えられるとしたら、それはたった一つしかない。利害対立・紛争を「武力で解決する」という方法を捨てること。これに尽きる。なぜなら、人類は不幸なことに原爆という最終兵器を持ってしまったからだ。

ただ、これでよかったのかどうか? 最近の日本の風潮を見ていると、確信が持てない。みなさんは、いかがだろうか?

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 地方創生のリアル
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
正規と非正規「格差訴訟」<br>判断が分かれた最高裁判決

非正規労働者が年末年始の待遇や病気休暇などについて正社員との格差是正を訴え、最高裁は格差は不合理で違法とする判決を出しました。一方で賞与や退職金についての格差是正はほぼ全面的に退ける判決も。非正規労働者の待遇は改善するのでしょうか。

東洋経済education×ICT