アメリカは原爆投下をどう教えているのか?

アメリカの歴史教科書を読んで考えたこと

娘に教えた歴史の教訓

しかし、日本の歴史教科書は、客観的な事実の記録ばかりに力点を置いている。どこからも文句が来ないように、編纂者がはじめから配慮しているように思える。

オリバー・ストーン監督の来日に合わせて、NHK-BS1では、『オリバー・ストーンが語るもうひとつのアメリカ史』(全10話)が放映された。このシリーズの中で彼は、「日本への原爆投下は軍事的にはまったく不要だった」と述べている。おそらく、ストーン監督もこうした教科書で育ったのだろう。

歴史とは、私たち一人一人のストーリーと国家のストーリーの集積である。これはいくつもの「必然と偶然」、そしてそのときの「選択」の結果だ。だから、常に「なぜ、いま私たちの世界はこんなふうになっているのか?」が問われなければならない。しかし、残念ながら、現在問題になっている反日的な中国の歴史教科書では、ストーリーは一つであり、その解釈も一つだ。

ハワイで夏を過ごしていたある年、娘がサマースクールから帰ってきた後、夕食までの1時間を割いて、私は娘に戦争の歴史を教えた。当時、中学生だった娘は「なんで」と嫌がった。しかし、私がつくった資料コピーを見て観念し、私の話を聞いた。

このとき、私が教えた歴史の教訓は、たった一つである。

私が20世紀の世界の歴史、そして日本の歴史から、次の世代に教えられるとしたら、それはたった一つしかない。利害対立・紛争を「武力で解決する」という方法を捨てること。これに尽きる。なぜなら、人類は不幸なことに原爆という最終兵器を持ってしまったからだ。

ただ、これでよかったのかどうか? 最近の日本の風潮を見ていると、確信が持てない。みなさんは、いかがだろうか?

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 財新
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • 「お金で損しない」森永康平のマネーリテラシー講座
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
年を取っても記憶力がいい人と低下する人の差
年を取っても記憶力がいい人と低下する人の差
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
12のスキルを完全レクチャ<br>ー! 無敵の話し方

ビジネスシーンで大きな武器になる「話し方」。スピーチや交渉、会議など12のスキルを徹底解説します。『世界最高の話し方』著者による共感力スピーチの極意、TED流のノウハウが2時間で身に付くプレゼン術、自民党総裁選候補者のスピーチ診断も掲載。

東洋経済education×ICT