医者の着る服は「白衣が最善」とは限らない

今後は現場によって多様化していく可能性も

日本でも、筑波大学の栗原 宏医師の研究があります。結果はやはり、白衣が最も好ましいというものでしたが、特に年配者では、若年者に比べてスクラブが適当ではないと考える人が多いことがわかりました。

医療者の白衣を権威的と感じるかどうか、信頼の対象と感じるかは、現場の両者の関係性から生み出されるものであり、時代とともに変わるだろうし、国や地域でも異なることでしょう。

生活習慣病の外来では、親しみやすい服装が好まれる?

実際、わが国においても、集中治療室や救急外来など、プロであることがわかることが優先される職場では、白衣やスクラブが好まれ、より親しみが求められる家庭医や心理的な問題を話す職場では、ビジネススタイルやカジュアルスタイルが好まれることが予想されます。

高血圧や糖尿病、脂質異常、肥満など生活習慣病が主体の外来では、感染源と接する機会は少なくなりますから、感染を防ぐための白衣を着る必要性は減少するでしょう。さらに、心理的ストレスなどが生み出す病気が多くなっている状況下でも、外来で白衣を着る必要性はより少なくなっていくかもしれません。

米国の研究で、白衣が医師の信頼の象徴となっているのも、それまでの歴史的な経過の産物です。一方で、服装だけで相手に先入観をもつのも間違いを生む結果となるかもしれません。

どの服装でなくてはならないと固定的に考えるよりは、それぞれの現場で、どのような服装が向いているのかを患者と医療者が理解し、その服装での文化が創られることにより、今後医療者の服装は多様化していくのではないでしょうか。その中で、信頼関係が醸成されていくことが望まれます。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 今見るべきネット配信番組
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT