患者が医師の前で「ウソ」をついてしまう理由

医師とオープンに話し合える関係創りが大事

なぜ、ついその場をやり過ごすような回答をしてしまうのでしょう(写真:xiangtao / PIXTA)

「入院していたとき、受け持ち医が毎日回診してくれるのだけど、わたしのベッドにくると、お医者さんは “How are you doing?”と質問し、その後に”Good”と言うだけで、それ以上診察してくれないの。他の患者さんのところでは、長く話しているようなのに、わたしは嫌われているのかしら」

「あなた、一体、何て返事しているのよ?」
 「もちろん、“I am fine thank you”よ」

この連載の記事はこちら

ニューヨークに留学していたときに聞いた、日本人の間でまことしやかに話されていた話です。英会話スクールで習ったあいさつ言葉で反射的に答えてしまい、それ以外の答えが見つけられなかったのかもしれません。

診療室では「本当のことを伝えられない」

これは笑い話ですが、実際に皆さんも、診察室や病棟での医師との会話で思考停止状態になって、本当のことを伝えられずにその場をやり過ごしてしまったという経験はありませんか?

「お薬をちゃんと飲んでいましたか?」

 「はい」

薬を飲むことがあまり好きではなく、まじめに飲めていなかった人でも、このように質問されると、医師の前では、つい「はい」と答えてしまうものです。その返事を聞いた医師は、処方した薬では効果が十分ではなかったと判断し、薬を増量するということになりかねません。

医師は、その日の外来で薬の効果が得られていなかったので、ちゃんと飲めていたかどうかを確認しようとしたのですが、両者がオープンな対話ができていないために誤った判断に至ってしまうのです。

患者としても、本当は薬を服用していないのに「はい」と答えてしまったがために薬を増量され、家庭に持ち帰ったあとに、今後どのように飲めばいいだろうかと悩んでしまいます。このようなボタンの掛け違いが、医師と患者の亀裂をどんどん大きくしていきます。お互いが本音で話し合えないことがいちばん大きな問題です。

次ページ慢性病患者の7割が薬をちゃんと飲んでいない?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
  • 働き盛りでがんになった人たちの行動
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT