いつまでも「お医者様は神様」ではいけない

医師を「教育できる」患者になるまでの5段階

患者は、医者にどのような役割を期待するのでしょうか(写真:tomos / PIXTA)

患者にとって、医師とはどのような存在なのでしょう。

医師に神であるかのような絶対的な信頼感を求める人、もっとオープンに話し合えることを求める人、自分が望むように治療をしてほしいと考える人など、患者が医療者に求める関係性はさまざまです。それぞれの個人の生育歴、病気の状況、社会の中での生活状況などによって異なりますし、時代とともに変化してきました。

患者の医療者に対する意識の5ステップとは?

この連載の記事はこちら

今回は、患者の医療者に対する意識を5つのステップに分けて考えてみます。もちろん、どのステップが正しいというものではありませんが、社会全体が成長し変化する方向性として、第1から第4ステップ、そして第5ステップへと向かっています。

次ページ医師に盲従することのデメリットとは?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 越湖信一のスーパーカー列伝
  • トクを積む習慣
  • 精神医療を問う
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
菅新政権が誕生しても<br>「安倍時代」は終わらない

牧原出氏執筆の連載「フォーカス政治」。9月16日に菅新首相が誕生しましたが、施策の基本線は「安倍政権の継承」。惜しまれるように退任し、党内無比の外交経験を持つ安倍前首相は、なお政界に隠然たる影響力を保持しうるとみます。その条件とは。

東洋経済education×ICT