いつまでも「お医者様は神様」ではいけない

医師を「教育できる」患者になるまでの5段階

患者は、医者にどのような役割を期待するのでしょうか(写真:tomos / PIXTA)

患者にとって、医師とはどのような存在なのでしょう。

医師に神であるかのような絶対的な信頼感を求める人、もっとオープンに話し合えることを求める人、自分が望むように治療をしてほしいと考える人など、患者が医療者に求める関係性はさまざまです。それぞれの個人の生育歴、病気の状況、社会の中での生活状況などによって異なりますし、時代とともに変化してきました。

患者の医療者に対する意識の5ステップとは?

この連載の記事はこちら

今回は、患者の医療者に対する意識を5つのステップに分けて考えてみます。もちろん、どのステップが正しいというものではありませんが、社会全体が成長し変化する方向性として、第1から第4ステップ、そして第5ステップへと向かっています。

次ページ医師に盲従することのデメリットとは?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 不妊治療のリアル
  • 就職四季報プラスワン
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ナベツネが腹を割って語る<br>政治、そしてメディアの未来

読売新聞主筆として93歳の今も、社論をまとめる要の役割を果たしている渡邉恒雄氏。安倍首相と定期的に会食するなど、なお政治のキーマンでもある。歴代の首相を知る同氏は現在の政治とメディアをどう見ているのか。本誌編集長がインタビュー。