「ベビーカー論争」ママたちの抱えるジレンマ

日本には「社会で育児する」という意識がない

お母さんたちだって、人の迷惑になっている場合もあるのは承知の上。それでも使わなければならない事情があることを、わかって欲しいといいます(写真:simoj / PIXTA)
電車や商業施設など、混雑した場所でベビーカーを押すのは、マナー違反なのか否か――。
近年、絶えず議論の的となっているのが、この「ベビーカー論争」です。今年のお正月にも、初詣をする際にベビーカーの自粛を呼びかけたお寺に関して、ネット上で「炎上」。いずれも、賛否両論が寄せられ、議論は平行線をたどっています。
実際、ベビーカーを利用しているお母さんたちは、こうした論争をどのように見ているのでしょうか。直接声を聞いてみると、単に「賛成」「反対」では片づけられない、複雑な胸中が垣間見えてきました。

ベビーカー利用で嫌な思いをしたママは56.8%

そもそも、実際にベビーカーを利用して、嫌な思いをした経験のあるお母さんは、どれくらいいるのでしょうか? オンラインのベビーシッターサービスを展開する「キッズライン」社が2017年1月に実施した調査(同サイトに登録する、子育て中の母親340人を対象にしたインターネット調査)によると、「ベビーカーを利用していて、嫌な思いをしたことはありますか?」という質問に、半数以上の56.8%が「はい」と答えています。

(提供:キッズライン「ベビーカー利用実態調査」)
次ページママたちが嫌な思いをした場所はやっぱり……
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 就職四季報プラスワン
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • コロナ戦争を読み解く
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
老舗「レナウン」が経営破綻<br>アパレル淘汰・再編の序章

名門アパレルのレナウンが民事再生の手続きに入りました。親会社「山東如意」が再建に見切りをつけ、新たなスポンサー探しは難航が予想されます。ほかのアパレルも店舗閉鎖や売り場撤退が予定され、百貨店に多大な影響が出そうです。