「ベビーカー論争」ママたちの抱えるジレンマ

日本には「社会で育児する」という意識がない

一方、ベビーカーが批判されること自体に違和感を感じているのが、アメリカ在住経験もある専業主婦の沙織さん(仮名・37歳)。3歳と1歳の娘さんがいますが、保育園激戦区で知られる世田谷区在住ゆえ、現在は待機児童状態で子育てをしています。

数年前まで夫の海外赴任に同行していた沙織さんは、アメリカと日本の子育てに対する社会の見方の違いに、驚きを隠せません。「なんでベビーカーを押すことが批判されるのでしょう。はっきりいって不快です。1人目を出産したアメリカでは、社会全体が子育てに対してウエルカムな雰囲気でした。だから、社会の宝を授かり、育てているという充実感があったのです」(同)

日本は「子育て中=ご迷惑をかけている」という雰囲気

「しかし帰国すると急に『子育て中=ご迷惑をかけている』という雰囲気。大きなギャップを感じます。女性の活躍推進、などと言っている割には、子どもを邪魔者にしているような風潮が、特に東京では強いのではないかと思っていいます。

ベビーカーを押して街を歩いていると、ことさら世間の冷たさを感じます。子育てを経験した年配の女性たちは、席を譲ってくれたり、ベビーカーを動かすので手伝ってくれたりしますが、特に年配の男性は『見て見ぬふり』が多い。嫌な思いをしたくないので、なるべく公共交通機関には乗らないようにしています」(同)

沙織さんは、ベビーカー論争とは、日本社会の深いところに根付く「モノの考え方」の一端が、表面化している事象にすぎないのではないか、と指摘します。「国が法律を整え、育休を取る男性が増えているとはいっても、それはあくまで『制度』を整えてそうなっているのであって、人々の『マインド』はついていっていない。今のままでは、社会で子育てをするという風潮にはならず、子育てするお母さんが孤立化してしまうのでは」(同)

とはいえ、ママたちの「ベビーカー論争」への思いは、反対者への共感でも反感でもなく、複雑なもの。

先に挙げたベビーカーの「利用実態調査」によると、最も多かった答えが「事情を理解し、優しく接してほしい」の61.6%でした。

(提供:キッズライン「ベビーカー利用実態調査」)
次ページベビーカーを使わないでは暮らせない
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 埼玉のナゾ
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大手から専業まで大混戦<br>中古マンション販売の隘路

新築価格が高止まりし、参入業者が急増する中古マンションの「買い取り再販」。デベロッパー自ら物件を取得し、リノベーションを施して販売する手法だ。価格上昇や売れ残り増加など懸念材料も出現、手放しでは喜べない活況の裏側を描く。