「貧困と無縁」な母子家庭ゆえの苦悩もある

「キャリア系シングル母」3人の壮絶なる闘い

安定した収入を得られる職業に就いているからこそ、生じる悩みもあります (写真:Fast&Slow / PIXTA)
皆さんは、「シングルマザー」と聞いて、どんな生活環境をイメージしますか?
「貧困」「生活保護」といった厳しい家庭環境を思い浮かべる人も多いでしょう。
そのイメージは、必ずしも間違いではありません。多くの家庭が貧困にさらされていることは事実で、母親や子どもたちへの支援の手は必要とされています。
ただ、女性の就労率向上などを背景として、家族のあり方が多様化する中、しっかりとキャリアを築き「経済的に自立している」シングルマザーもいます。
そんな彼女たちがとのように働き、そして子育てをしているのか。今回、3人の「キャリア系シングルマザー」の取材を通じて見えてきたのは、彼女たちならではの悩みを克服しながらも、たくましく人生を切り拓く姿でした。

■シングルマザーをめぐる状況・・・直近の2011年「母子世帯等調査(厚生労働省)」によれば、母子世帯数は123.8万人で、1988年比で約1.5倍に増加。児童のいる世帯の7%弱を占める。一方、父子世帯は同年で22.3万世帯で、1988年比1.3倍。

年収1100万円シングルマザーは「どん底」から出発

■愛子さん(仮名・33歳)の場合
・子ども:9歳と10歳の息子
・最終学歴:高校卒
・職業:外資系金融会社の管理職
・年収:1100万円

 

愛子さんが離婚したのは、23歳で次男を妊娠中している最中でした。原因は、夫婦間でケンカが絶えなかったこと。尾てい骨を骨折したことで離婚を決意しました。しかし、前夫からの養育費や慰謝料はゼロ。

次ページ養育費・慰謝料ゼロからどう立ち上がった?
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • 就職四季報プラスワン
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
電池開発でノーベル化学賞<br>吉野彰氏が示した「危機感」

受賞会見とともに、リチウムイオン電池の開発の歴史と当事者の労苦を振り返る。世界の先頭を走ってきた日本も、今後および次世代型の市場では優位性が脅かされつつある。吉野氏率いる全固体電池開発プロジェクトに巻き返しの期待がかかる。