ヒラリーが「ふんわりショート」に込めた意味

髪型は"仕事でなりたいキャラ"で選ぶべきだ

ヒラリーは、相手に与える印象を操作するため、立場によって自在に「髪型」を変えてきました(写真:Mike Blake/ロイター)

「営業部女子課」の活動を通じて全国の営業女子の皆さんと接し、私自身も多くの営業の現場に携わる中で、つくづく思うのは、人と会ったときに見た目はとても大切だということです。単純な美醜の問題ではなく、清潔感やイメージも、ビジネスの行方を左右する重要な要素の1つだからです。これは、日頃から服装やメイクの仕方を気にかけている営業女子に限らず、働く男性にも共通することではないでしょうか。

もし、自分の外見を少し工夫するだけで、今までよりも仕事の成果が上がるならば、こんなにいいことはありません。そこで今回は、著書『女の運命は髪で変わる』がキャリア女性を中心に話題になっている佐藤友美さんに、髪型で運命を変える方法についてお話を伺いました。

「誰にどのように褒められたいか」紙に書く

―― 著書の中では「似合う髪型でなく、なりたい自分をイメージして髪型を決める」という部分が印象的でした。

人はつい「自分に似合う髪型は1つしかない」と思いがちです。たとえば、女性ならば「私はロングヘアしか似合わない」など。男性も、女性ほどバリエーションはないにせよ、同様な思いこみがある人は多いのではないでしょうか。しかし、実際には、自分に似合う髪型は限りなくたくさんあると思ってください。

佐藤友美(さとう ゆみ)/ヘアライター & エディター。日本最大のヘアスタイルフォトコンテストの審査員をはじめ、40代からの情報サイト「ユニークピース」の編集長、ヘア製品の商品開発アドバイザーなど、美容業界での活動は多岐にわたる。最新書籍に『女の運命は髪で変わる』(サンマーク出版)がある。

似合う髪型がたった1つしかない、と思うことは、例えるなら青い鳥を探して、自ら森の中に迷いにいっているようなものです。それよりもむしろ、自分が理想とする姿をゴールとして設定し、そこに合わせて髪型を変えるという発想に変えてみてください。髪型は自己実現の一部です。

―― ヘアスタイルと自己実現。これまで、この2つをつなげて考えることはありませんでした。

「どんな自分になりたいか」を、一度言葉で表現してみるとよいでしょう。その場合、例えば「仕事ができる人」では、曖昧で不十分です。それよりも「リーダーシップを発揮するタイプになりたい」「女性部下から慕われたい」「フェロモンムンムンになりたい」「強い営業力を持った人に見られたい」などと、具体的に思い描いてみるのがコツです。思いつかなければ、誰にどのような言葉で褒められたいのかを、紙に書き出してみるとよいでしょう。

次ページ大統領夫人時代はロングヘアだったヒラリー
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • CSR企業総覧
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 「脱ゆとり世代」のリアル
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激震! エアライン・鉄道<br>どん底からの復活シナリオ

人の移動が収益源となる航空・鉄道業界は、新型コロナウイルスの直撃で事業構造の根本的な転換を迫られています。海外では航空と鉄道の一体的政策も始まる中、日本では何が起きるのか。今後の再編や合従連衡のシナリオを大胆に予測しました。

東洋経済education×ICT