夏の朝シャンが決しておススメできない理由

髪にストレスが大きい梅雨をどう乗り切るか

秋に大きな差が出てきます(写真:Ushico / PIXTA)

1年でもっとも、髪にストレスを感じるのが今のような梅雨の時期ではないでしょうか。梅雨どきは髪が広がりやすく、うねるしクセも出やすくなる。巻いてもすぐにとれてしまう……。この時期はいつもひっつめまとめ髪という人もいるかもしれません。けれども、あきらめるのは早計です。

拙著『女の運命は髪で変わる』でも触れていますが、この梅雨時期をストレスなく乗り切る方法があります。ほんの少しだけ、いつもとスタイリング方法を変えるのです。

これを知っているかどうかで、毎日のストレスがずいぶん違います。

髪に「油」で蓋をすると、うねらない

髪には、濡れると水素の結合が切れ、乾くとまた結合するという性質があります。髪を濡らすとクセがとれるのは結合が切れるからですし、乾かして水分を蒸発させると髪はそれ以上形を変えません。

ですから乾燥している日は朝ブローした髪がほとんどくずれません。でも、湿度が高い梅雨時期は、髪に水分が出たり入ったりします。結合が切れたりまた結合したりをくり返すから、髪がいつも以上にうねったり、巻き髪がとれたりするのです。

それを防ぐためには、水分の出入りをブロックするしかありません。具体的には、髪を「油脂でコーティング」します。髪に油で蓋をして、水が入らないようにするとイメージしてください。油脂とは、オイル、ミルク、ヘアクリーム、シャンプー後のインバストリートメント、洗い流さないアウトバストリートメント、ワックスなどのことです。

次ページ真夏のヘアケアで秋に差が
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • iPhoneの裏技
  • グローバルアイ
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT