夏の朝シャンが決しておススメできない理由

髪にストレスが大きい梅雨をどう乗り切るか

秋に大きな差が出てきます(写真:Ushico / PIXTA)

1年でもっとも、髪にストレスを感じるのが今のような梅雨の時期ではないでしょうか。梅雨どきは髪が広がりやすく、うねるしクセも出やすくなる。巻いてもすぐにとれてしまう……。この時期はいつもひっつめまとめ髪という人もいるかもしれません。けれども、あきらめるのは早計です。

拙著『女の運命は髪で変わる』でも触れていますが、この梅雨時期をストレスなく乗り切る方法があります。ほんの少しだけ、いつもとスタイリング方法を変えるのです。

これを知っているかどうかで、毎日のストレスがずいぶん違います。

髪に「油」で蓋をすると、うねらない

髪には、濡れると水素の結合が切れ、乾くとまた結合するという性質があります。髪を濡らすとクセがとれるのは結合が切れるからですし、乾かして水分を蒸発させると髪はそれ以上形を変えません。

ですから乾燥している日は朝ブローした髪がほとんどくずれません。でも、湿度が高い梅雨時期は、髪に水分が出たり入ったりします。結合が切れたりまた結合したりをくり返すから、髪がいつも以上にうねったり、巻き髪がとれたりするのです。

それを防ぐためには、水分の出入りをブロックするしかありません。具体的には、髪を「油脂でコーティング」します。髪に油で蓋をして、水が入らないようにするとイメージしてください。油脂とは、オイル、ミルク、ヘアクリーム、シャンプー後のインバストリートメント、洗い流さないアウトバストリートメント、ワックスなどのことです。

次ページ真夏のヘアケアで秋に差が
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブックス・レビュー
  • 子育てと介護「ダブルケア」の現実
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ANAが希望退職実施へ<br>雇用維持貫くJALとの差

ANAホールディングス傘下の全日本空輸は10月7日、退職金の割り増しによる希望退職の募集を労働組合に打診。一方の日本航空(JAL)は同日に開かれた定例会見で、人員削減の考えはないと明言。両社で対応が分かれた要因とは。

東洋経済education×ICT