夏の朝シャンが決しておススメできない理由

髪にストレスが大きい梅雨をどう乗り切るか

秋に大きな差が出てきます(写真:Ushico / PIXTA)

1年でもっとも、髪にストレスを感じるのが今のような梅雨の時期ではないでしょうか。梅雨どきは髪が広がりやすく、うねるしクセも出やすくなる。巻いてもすぐにとれてしまう……。この時期はいつもひっつめまとめ髪という人もいるかもしれません。けれども、あきらめるのは早計です。

拙著『女の運命は髪で変わる』でも触れていますが、この梅雨時期をストレスなく乗り切る方法があります。ほんの少しだけ、いつもとスタイリング方法を変えるのです。

これを知っているかどうかで、毎日のストレスがずいぶん違います。

髪に「油」で蓋をすると、うねらない

髪には、濡れると水素の結合が切れ、乾くとまた結合するという性質があります。髪を濡らすとクセがとれるのは結合が切れるからですし、乾かして水分を蒸発させると髪はそれ以上形を変えません。

ですから乾燥している日は朝ブローした髪がほとんどくずれません。でも、湿度が高い梅雨時期は、髪に水分が出たり入ったりします。結合が切れたりまた結合したりをくり返すから、髪がいつも以上にうねったり、巻き髪がとれたりするのです。

それを防ぐためには、水分の出入りをブロックするしかありません。具体的には、髪を「油脂でコーティング」します。髪に油で蓋をして、水が入らないようにするとイメージしてください。油脂とは、オイル、ミルク、ヘアクリーム、シャンプー後のインバストリートメント、洗い流さないアウトバストリートメント、ワックスなどのことです。

次ページ真夏のヘアケアで秋に差が
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 中原圭介の未来予想図
  • 男性学・田中俊之のお悩み相談室
  • トクを積む習慣
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
背水のフジテレビ<br>500日の苦闘

日枝会長が退き宮内新体制が発足してから1年半。増益に転じたが視聴率は低迷を続ける。長寿番組の打ち切りが象徴する大胆な編成改革に加え、組織もコストも抜本的に見直した。背水の陣を敷く同社の人間ドラマを追う。