何もかも手にしたはずの美人妻が不幸な理由

東京の「婚活事情」最前線<9>

欲は果てることなく、ただ渇きばかりが募る
「東京カレンダー」(運営:東京カレンダー株式会社)の提供記事です

東京で恋愛市場において最前線の女であるためには、美人で頭が良いことは前提となる。

そして彼女たちの一部は、進学、就職、そして結婚から出産と、当然のようにすべて適齢期に希望通りのものを手に入れていく。清楚な女子アナのような外見をしてそんな素振りは全く見せないが、彼女たちの中身はどこまでも貪欲だ。

しかし、それが「幸せ」とは限らない。

<今週の東京婚活女子>
名前:亜美31歳
職業:外資系ラグジュアリーブランド
年収:約700万円
出身:神奈川県
出身大学:慶應大学
住まい:目黒
家賃:20万円
交際ステータス:既婚約1年
好きな食べ物:酢豚
夫:33歳
職業:大手総合商社
年収:約1100万円
出身:都内近郊
出身大学:慶應大学

 

「全然幸せじゃない、私すごく不幸だよ」

どこからどう見ても幸せそうな笑顔で、楽しそうにすら聞こえる口調で答える亜美。髪は綺麗に巻かれ凝ったアレンジがされていて、肌もネイルもきちんとメンテナンスされている。質の良さそうなアンサンブルのニットを着て、華奢ではあるが高価なことが一目で分かるアクセサリーをセンス品良く首や手元に重ねている。彼女が出産して半年にも満たないなんて誰が信じるだろう。

産後の体調が落ち着くとすぐにピラティスのプライベートレッスンに足繁く通ったというが、体型は産前よりもさらに美しくなったように見える。ほっそりとした身体はメリハリがあり、細いピンヒールを完璧に履きこなしている。こんな女が不幸だなんて、一体何を言い出すのだろうか。

次ページお金の心配をしないで港区に住みたい
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
おうちで稼ぐ、投資する!<br>在宅仕事図鑑

コロナ禍の下、世代を問わず広がったのが「在宅で稼ぐ」ニーズ。ちまたにはどんな在宅仕事があり、どれくらい稼げるのか。パソコンを使った「デジタル小商い」と「投資」に分け、誰にでもできるノウハウに落とし込んで紹介します。

東洋経済education×ICT