「プロ女子大生」の婚活は、こうなっている!

東京の「婚活事情」最前線<4>

どこにいても人目を惹く美しさを持った桃子のまわりには、いつも男性がいた
「東京カレンダー」(運営:東京カレンダー株式会社)の提供記事です

「プロ女子大生」という言葉が流行っている。

近年都会では結婚のハードルが上がっている、若い時期に美しさだけでチヤホヤされてきた女性は特に結婚するのは難しいなどと言われているが、そんな彼女たちは実際、どのように年をとりどのように結婚するのだろうか?

<今週の東京婚活女子>
名前:桃子30歳
職業:専業主婦
年収:0円
出身:都内近郊
出身大学:都内女子大
住まい:広尾
家賃:30万円
交際ステータス:既婚 5年
夫:修36歳
職業:ベンチャー企業役員
年収:1300万円
出身:東京都
出身大学:早稲田
 

「婚活なんてしたことなかった」

「婚活?そんなのしたことないよ。結婚願望も別になかったし」

開放的で洗練された広尾のカフェ『リトル・パイ・ファクトリー』。平日の昼間は、この界隈在住の女たちの溜り場になっている。

持ち手にスカーフをくるくると巻いた高級バックの中の携帯電話を探しながら、桃子は豊満な胸と唇を揺らし興味なさげに答える。

「婚活って何するの?」

真っ白で陶器のような肌、大きな真ん丸の瞳に、ふっくらとした唇と艶のある長い巻き髪。小柄で華奢な手足に豊満な胸。桃子は学生時代から、どこにいても人目を惹く格段に美しい女だった。

次ページ都会の美人女子大生、その煌びやかな生活
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
社外取締役のお寒い実態<br>なり手不足と低い出席率

「1人でも社外取締役がいれば」という時代は終わり、「取締役の3分の1以上必要」という時代へ。上場企業全体では6000人以上も不足することに。出席率の低い95人の実名を公開。