恵比寿は臨戦態勢の28歳OLが選ぶ街だった

女として準備万端な女性が行き交う街

「東京の女」が板についてきた綾。彼女が次に選んだ街は、華やかな印象の恵比寿

東京のライフスタイルを紹介して15年の東京カレンダーが、東京に住む女性たちをエリアごとに分類した「東京女子図鑑」。女性の趣味趣向は、居を構えたエリアに如実に現れ、よく行くレストラン、出没場所で形成、強化されていく!?

本日は、人気の街《恵比寿》。秋田から上京して、アパレル企業に就職したのをきっかけに「三軒茶屋」に住んだ綾。手取り23万円で、駅から5分の家賃7万円の1K、築5年のマンションで一人暮らしをしていた彼女が、次に引っ越した街とは……?

「東京カレンダー」(運営:東京カレンダー株式会社)の提供記事です

生まれた街から、就職を機に越してきた綾(23歳) 。

秋田の国立大学を出た綾が、地方銀行への就職を強く勧める親をなんとか説き伏せて、上京したのも、何もない田舎が嫌だったから。アパレル企業の総合職として、華やかな世界に最初は怯気づいていた綾だが、持ち前の健気さで一生懸命に仕事をしてきた。その仕事ぶりを評価されて、新しくスタートするブランドのPRマネージャーとして、抜擢されることになった。

三軒茶屋に住んでいたはずの綾は今……。

合コンで「え? 三茶(笑)」って言われて…

東京に出てきて5年目。ちゃんと自分で稼いで、友達もたくさんできて、東京で生活の基盤を私なりに築いてるって自信も出てきたよ。最近では、読者モデルとして、女性誌なんかにも時々出させてもらってるの。え? すごい進歩だって? まぁね(笑)。

そういえば、三茶から恵比寿に引っ越したんだ。

もちろん、三茶は、最高に心地よかった。都会すぎず田舎すぎず、万人を受け入れてくれる街だった。東京の導入編として、三茶でスタートできたことは本当に幸運だったと思う。たくさんお気に入りのお店もできたしね。

六本木が、「田舎者に用はない」とつんとすました街だとしたら、三茶は「ここに来るヤツは皆友達」的な懐の広さがあったからね。

次ページ三軒茶屋は居心地が悪くなって・・・
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 買わない生活
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ホンダ「4代目フィット」がイマイチ売れていない理由
ホンダ「4代目フィット」がイマイチ売れていない理由
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
これが世界のビジネス常識<br>会社とジェンダー

「ジェンダーギャップ指数ランキング2021」で日本は120位という結果に。先進7カ国中で最下位かつ、女性の社会的地位が低いとされるアフリカ諸国よりも下です。根強く残る男女格差の解消は、日本経済が再び競争力を取り戻すために必須の条件です。

東洋経済education×ICT