31歳「銀座の女」は大人としての生き方を学ぶ

一回り年上「禁断の恋人」が手ほどき

「三軒茶屋」「恵比寿」と移り住んできた綾が、次に引っ越した街とは……
東京のライフスタイルを紹介して15年の東京カレンダーが、東京に住む女性たちをエリアごとに分類した「東京女子図鑑」女性の趣味趣向は、居を構えたエリアに如実に現れ、よく行くレストラン、出没場所で形成、強化されていく!?
本日は、人気の街《銀座》。秋田から上京して、アパレル企業に就職し「三軒茶屋」「恵比寿」に住んだ綾が、次に引っ越した街とは……?

 

生まれた街から、就職を機に越してきた綾。

秋田の国立大学を出た綾が、地方銀行を強く勧める親をなんとか説き伏せて東京の某アパレル企業の総合職として就職。三軒茶屋の1Kに住み、仕事に邁進するうちに、仕事ぶりを評価されてブランドマネージャーに抜擢されたのが28歳。それを機に、5年間住んだ三軒茶屋を離れ、恵比寿に住んだ綾は、スポンジが水を吸収するかのごとく、街の華やかさを吸収しどんどん美しくなっていった……。

女は30歳を前に、一度立ち止まる

「東京カレンダー」(運営:東京カレンダー株式会社)の提供記事です

20代後半頃から、同期が1人また1人と、会社を辞めていきました。辞める理由はいろいろありますが、病んでしまった子もいれば、転職をした子もいます。気付けば、同期は半分に減っていました。

三茶のカフェで夜通し、仕事のやりがいについて語った同期からは、労働時間とお給料のバランスの悪さの不満が漏れるようになっていたし、夜遅くまで担当ブランドのDMを一緒にアセンブリした同期も、気付けば寿退社してしまいました。たしかに、日本のアパレル企業のお給料は安すぎるとは思います。最近だと、海外のファストファッションブランドが流れ込んで業績も低迷し、ボーナスだってほとんどないに等しい。恵比寿に住みながら、華やかな街の恩恵を思う存分堪能できず悔しい思いもたくさんしました。

女は30歳を前に、これまでの自分の働き方を振り返って、この道でアクセルを踏むのか、ハンドルを切って方向転換するのか、はたまた、キャリアをストップさせて別の生き方を選ぶか、選択を余儀なくされるものです。

例に漏れず、私もとりあえず、転職サイトに登録してみました。その時は、本気で転職しようなんて思っていませんでしたし、同期たちも皆“とりあえず”登録していたんです。

次ページ綾に訪れたチャンス
関連記事
トピックボードAD
  • 湯浅卓「トランプ政権の真実」
  • 井手隊長のラーメン見聞録
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
携帯料金は4割下がる?<br>「高い」の根拠を徹底検証

菅官房長官の「4割下げられる」発言の数値的根拠は正当か? やり玉に挙がるキャリア3社の携帯通信料金の解明に担当記者が挑む。結論は「高いとはいえないが、キャリアは儲けすぎ」。取られすぎと感じる人必読の渾身リポート。