何もかも手にしたはずの美人妻が不幸な理由

東京の「婚活事情」最前線<9>

年収3000万円の男を目標に日々努力をしていた亜美が狙っていたのは、外資系のエリートや医者、弁護士という類の男だったのだ。一般的に商社マンは恋愛市場の中でも人気で安定していると友人たちから幾度言われても、亜美は今日のように明るく溜息をつき、うなだれていた。

「私は、もう逆立ちしたって、港区の豪華なタワーマンションに住んで優雅な主婦生活を送れることはないの。商社マンなら、プラスお家がお金持ちじゃないといけなかったのに...」

私、所帯じみた普通のオバサンになっちゃうのかな?

そんな本人のテンションとは反比例するように、亜美の妊婦生活はつわりもほとんどなく順調だった。大きなお腹をした亜美は、手足は妊娠前と全く変わらずほっそりとしており、相変わらず外見にも気を使っていた。あんなに美しい妊婦はあまり見たことがないが、相変わらず彼女はニコニコと可憐な笑顔を見せながらも幸せそうではなかった。

「何だか、みんなに置いて行かれてる気がするの。これから産休と育休もするし、私の世界はどんどん狭くなっちゃう...育休明けに同じポジションに戻れるかも分からないし、不安だらけだよ...」

ちなみに亜美は、意外に男に頼るだけという女でもなく自身もなかなかの年収を稼いでいる。もともと高学歴で真面目な彼女は、ミーハーな自分にピッタリのファッション業界で仕事もきちんとこなしていた。その分、想定外の妊娠で仕事面でも不安を抱えているようだった。

「専業主婦なんて、うちの旦那のお給料じゃやっていけないよ。それに旦那は結婚前と全く生活が変わってないと思うと恨めしくなっちゃって。一生一緒にいるかどうかも分からないし、このご時世、女も自立するべきなんだって、今さら気づいたの。身体はどんどん太って醜くなるし、私、所帯染みた普通のオバサンになっちゃうのかな。女って本当に損だよね。もう気軽に夜遊びにも出かけられないなんて」

妊娠中の彼女はどこまでもネガティブだったが、それもマタニティブルーの一種で子供が生まれれば彼女の心境も変わるのだろうと周囲は皆思っていた。

「子供はもちろん可愛いけど、やっぱりどうも旦那はイマイチ愛せないの。確かに商社マンはブランド力もあってスゴイのは分かるけど。もっと稼いでる職業の人はいくらでもいるのに、エラそうにされると嫌になっちゃう。それに家でずっと息子と過ごしてると、よく発狂しそうになるの」

次ページほとんどすべてを手に入れても
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT