不倫を経験した20代後半女性のリアリズム

東京の「婚活事情」最前線<10>

リスクをとってまで不倫に足を踏み入れてしまうのはなぜなのか
「東京カレンダー」(運営:東京カレンダー株式会社)の提供記事です

不倫。そう明言されることは少なくとも、そのような関係性の男女は、東京恋愛市場の最前線で実に目にする。様々なリスクをとってまでしてもこの関係に足を踏み込んでしまう男女は、なぜそこまで魅了されてしまうのか。そして、その関係がもたらす影響はいかなるものなのだろうか?

10話完結の東京婚活市場、最終話は20代後半女性の不倫という、禁断の果実に迫る。

<今週の東京婚活女子>
名前:理恵子31歳
職業:外資系投資銀行の営業
年収:約4,000万円
出身:東京
出身大学:上智大学
住まい:青山
家賃:60万円
交際ステータス:既婚約1年
趣味:山登り
夫:聡33歳
職業:外資系投資銀行のトレーダー
年収:約6,000万円
出身:都内近郊
出身大学:海外

 不倫という禁断の果実に魅了されてしまう理由

「よくある話だけど、昔好きだった人には家族がいた」

理恵子は何とも言えない色気を含ませた視線を落としながら微笑む。この業界の女たちは皆揃って煌びやかで美しいが、理恵子は美しさに加えて妖艶なオーラの持ち主だ。ゆっくりと話す美しい声や、ねっとりとした眼差しだけでなく、内側から発光するような妙な色気がある。

次ページ理恵子の不倫相手とは?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
  • ドラの視点
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT