夏の朝シャンが決しておススメできない理由

髪にストレスが大きい梅雨をどう乗り切るか

頭皮だけではなく、髪の毛も夏の間にずいぶん傷みます。その対策として拙著『女の運命は髪で変わる』(サンマーク)で紹介して、読者の方から「やってみました」「髪が急にツルツルになった」と反響が大きかったのが、普段のバスタイムでの、トリートメントのつけ方を変えることです。 

トリートメントの効果が2倍になるつけかた

ポイントは2つ。まず、トリートメントをつける前に、一度水分をふき取ることです。髪がびしょびしょの状態だと、毛の内部は水分で飽和していて、それ以上トリートメントが浸透しにくくなります。一度タオルで軽く水分をふき取ってからトリートメントをつけると、それだけで浸透がよくなります。

また、トリートメントをつけたあとに、目の粗いコームを髪に通すのもおすすめです。頭皮には約10万本の髪が生えていますが、この1本1本の毛すべてにトリートメントをいきわたらせることはほとんど無理です。とくにロングヘアの人で髪をぎゅっとにぎって絞るようにトリートメントをつけている人は、ほとんどの毛にトリートメントがついていないと思って間違いありません。

『女の運命は髪で変わる』(サンマーク出版)。画像をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします

コームを通すと、手でざっと髪をなでてトリートメントをつけるときに比べて、ずっとまんべんなくトリートメントがつきやすくなります。簡単にできるプロの技です。

ここぞという勝負日の前日は、トリートメント2度づけのスペシャルケアがおススメです。普段どおりにシャンプー+トリートメントをして流したあとに、髪の水分をふき取って、もう一度トリートメントするのです。即効性があるので、同窓会の前の日などにも適しています。梅雨時期でも夏でも、髪がプルッと潤います。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT