「不倫ドラマ」がそろった理由と女優の覚悟

男を刺激し、女もハマるキスシーンとは?

テレビ朝日系の「不機嫌な果実」(左)やTBS系の「毒島ゆり子のせきらら日記」など不倫題材のドラマが目立つワケは?

今期は、『不機嫌な果実』(テレビ朝日系)、『毒島ゆり子のせきらら日記』(TBS系)、『僕のヤバイ妻』(フジテレビ系)と不倫を扱ったドラマが3本放送され、さらに「夫を殺した男性との恋」という不倫を超える禁断の恋を描いた『コントレール』(NHK)も話題を集めています。

週刊誌の不倫報道でベッキーさんや育休議員らが猛バッシングを受ける中、なぜドラマだけは「不倫を助長している」といわれかねない作品を放送しているのでしょうか?

不倫ドラマにつきもののベッドシーンも、BPO(放送倫理・番組向上機構)の追及やネット上のクレームを避けるために、「自主規制せざるを得ない」逆風の状態。しかし、テレビ放送におけるヌード描写が難しくなっているにも関わらず、今期の不倫ドラマを見ると、ベッドシーンは減るどころか、むしろ増えているのです。

なぜ不倫ドラマそのものやベッドシーンが増えているのか? 『週刊文春』報道の影響がドラマにも波及しているのか? などを解説していきます。

不倫ドラマのピークは1990年代

まずは、不倫を扱ったドラマの歴史を振り返ってみましょう。1970年代は『岸辺のアルバム』(TBS系)、1980年代は『金曜日の妻たちへ』(TBS系)などの名作があったものの、ごくわずかでした。その後1990年代に入ると、一気に増えていきます。

1990年の『誘惑』(TBS系)、1992年の『十年愛』(TBS系)、1993年の『ポケベルが鳴らなくて』(日本テレビ系)、1995年の『恋人よ』(フジテレビ系)、1996年の『AGE,35恋しくて』(フジテレビ系)、1997年の『青い鳥』(TBS系)、石田ゆり子さん版『不機嫌な果実』(TBS系)、『ミセスシンデレラ』(フジテレビ系)、『失楽園』(日本テレビ系)、1998年『Sweet Season』(TBS系)など、ドロドロから純愛系まで、さまざまな形の不倫が描かれました。

次ページ21世紀に入ってからは?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 日本と中国「英語教育格差」
  • コロナ後を生き抜く
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
東芝vs.モノ言う株主<br>取締役選任案めぐる攻防戦

ガバナンスの強化などを求める「モノ言う株主」から、取締役の選任を要求された東芝。反対表明と同時に、約40%を保有するキオクシアHD( 旧東芝メモリ)株の売却による株主還元方針も発表しました。7月末の株主総会は将来を決める試金石となります。