「不倫ドラマ」がそろった理由と女優の覚悟

男を刺激し、女もハマるキスシーンとは?

21世紀に入ってからは、2001年の『水曜日の情事』(フジテレビ系)、『昔の男』(TBS系)、2002年の『バラの十字架』(フジテレビ系)の放送後は不倫ドラマが激減。しかし、2010年代に入ると『セカンドバージン』『ガラスの家』『紙の月』『さよなら私』(全てNHK)と、意外にもNHKが不倫ドラマを立て続けに放送しました。そして、2014年の『昼顔~平日午後3時の恋人たち~』(フジテレビ系)が物議を醸したのは記憶に新しいところです。

特にここ数年間は、女性の揺れ動く心境を丁寧に描き、映像の美しさを追求した「女性が楽しめる不倫ドラマ」が増えました。描かれているのは、ドロドロの愛憎劇というより、日常のすぐそばにある危険な恋。ふとした出会いから芽生える恋心や、日常への不満から生まれた必然性のある展開が、女性視聴者の心をつかんでいるのです。

今期の『不機嫌な果実』『毒島ゆり子のせきらら日記』も、「普通の女性でも、こういう状況なら不倫してしまいそう……」という“多少のリアリティを含むファンタジーの世界”を追求している様子がうかがえます。

ヒロインをより魅力的に見せる

今期の不倫ドラマに共通しているのは、女性目線を踏まえたムード重視の筋書きと、映像の美しさ。たとえばベッドシーンでは、直接的な露出ではなく、キャストの表情やセリフ、カメラワークなどの工夫で、視聴者が疑似体験しているような映像に仕上げています。

ムード重視の筋書きと、映像の美しさを生かすためのポイントは、セクシーなイメージの薄い女優を使うこと。『昼顔~平日午後3時の恋人たち~』の上戸彩さんがまさにそうでしたが、今期の作品でも栗山千明さん、前田敦子さん、相武紗季さんらセクシーなイメージの薄い女優を起用することで、視聴者は疑似体験しているような臨場感を味わえるのです。

逆に、セクシーなイメージは、男優側のキャスティングでカバー。栗山千明さんの相手には成宮寛貴さんと市原隼人さん、前田敦子さんの相手には新井浩文さん、相武紗季さんの相手には伊藤英明さんなど、フェロモンや筋肉美のある男優をそろえています。

次ページもう一点、特筆すべきは?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 働き盛りでがんになった人たちの行動
  • 最新の週刊東洋経済
  • 西村直人の乗り物見聞録
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
変わる民法&労働法<br>「知らない」では済まされない!

ビジネスの新しいルールを定めた改正民法や労働法が4月から始まります。仕事はどう変わるのか、大きな関心を集める改正相続法と併せて最終チェックしておきましょう。導入が増えているテレワークの法的ポイントも解説。